(1)      (昭和51年6月7日第三種郵便物認可)美術新聞社報 平成30年(2018) 1月19日(金曜日)
"イチメン"(『書道美術新聞』 1面)
投稿日時 18年01月01日

「東京五輪パラ大会」記念展
平昌記念「3国代表作家展」の次計画


 美術新聞社は年初から、2020年の東京五輪・パラ大会に合わせた書道関連の文化イベントの企画検討を本格化させる。

本社は昨夏以降、韓国側からの協力要請を受けて、今年(2018)2月9日から韓国東北部の平昌で開かれる冬季五輪・パラ大会を記念してソウルで開かれる「日中韓・3国代表作家展」への日本側代表作家の選定や開催準備のための作業を、評論家の田宮文平氏、書壇側の井茂圭洞、新井光風両氏の助言の下に進めてきたが、同作業がほぼ順調に完了したことから、中・韓側からの期待も大きい、次の東京でのイベントのキッカケづくりに、全力を挙げることにしている


投稿日時 17年12月15日

1月1日付、発足へ
一般社団法人国際書体検定協
名称・組織の変更登記準備


 美術新聞社が今春に構想を発表し、去る9月以降、書写・書道教育界や関係各界有識者らの協力を得て「勉強会」の開催を重ね、また一般社団法人国際書体検定協会(島田幸吉代表理事)と連携協議を進めてきた「文字文化検定」事業についてこのほど、同一般社団法人の名称、組織を変更して事業母体とし、同社団法人が今秋「第10回検定」を実施した「書体検定」を今後「文字文化検定」と改称、内容を拡充し、来秋以降継続実施する基本方針が固まった。

 これにより、同社団法人を来年1月1日付で「一般社団法人国際文字文化検定協会」に変更の登記を行い、新協会が正式発足する運びとなる。


新着コラム
投稿日時: 17年12月15日

 幸いにも種々の「天の時、地の利、人の和」に恵まれ、「文字文化検定」の実施母体となる一般社団法人が年明けと共に始動の運びとなった。各方面に感謝のほかない
 
▼とはいえ、これに「魂」を入れる作業は、これからが本番。いまイメージしている「検定」の当初の姿は、新聞の記事にも書いた通り当面、「書塾の活性化」に資する内容とシステムを備えたものを目指しており、―饅里砲ける児童・生徒の狃元勠瓩砲弔覆る、⊇饅里砲ける児童・生徒の犧濱甸間の延長瓩砲弔覆る、3惺擦判饅里力携の強化・深化につながる、というコンセプトを打ち出すことにしている

▼一案としては、全国的に協力願える書塾を募り、その塾で塾生だけでなく近隣の学校等にも呼び掛けて貰って、広く児童・生徒を対象にした「検定」試験を実施することを狙っている。もちろん、そのことがキッカケで入塾生が増えれば、それが「書塾の活性化」に直結というアイデアなのだが、そこで「検定」受験のご褒美や、進級の証明書に、子供が飛び付きそうなキャラクターやグッズを用意することを、最大の売りにできればと思っている

▼新聞に、「衆知を結集する」と書いたのは、その主旨である。どうかお知恵を!

(書道美術新聞 第1112号1面 2017年12月15日付)


【日本書道学会】の皆様へ

 近日、【日本書道学会】会員の支部・個人の皆さまより、小誌《書統》に多数お問い合わせをいただいております。


 【編入のご相談】について随時対応しておりますので、お気軽に電話又は上の「お問い合わせ」ボタン先の、入力フォームよりお問い合わせ下さい。 萱原(かやはら)書房《書統》事務局


 事務局業務日時:平日午前10時〜午後6時

 電話番号:03-3462-5251

美術新聞社/萱原書房よりお知らせ
キーワード検索
書道段級取得−《書統》
書統'17 9月号
楽しく書道を学ぶ雑誌
21世紀の書道をリードする新構想の競書誌です。

[⇒詳しく見る]
全国有名筆墨業者一覧

◎埼玉

◎東京

◎滋賀

◎京都

◎大阪

◎奈良

◎広島

◎沖縄

[ご紹介] 有名書道教室
▽関連するキーワードで検索する
[お問い合わせ] Tel 03-3462-5251(代表)
株式会社 萱原書房/美術新聞社  〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町29-35 ヴィラ桜ヶ丘ビル7F[アクセスを表示]
Copyright (c) 1999- KAYAHARA PUBLISHING INC.,JAPAN All right reserved.