(1)      (昭和51年6月7日第三種郵便物認可)美術新聞社報 平成31年(2019) 5月27日(月曜日)
"イチメン"(『書道美術新聞』 1面)
投稿日時 19年01月15日

台北故宮から「祭姪」も
東博・平成館で
国宝18、重文16等177件で



 特別展「顔真卿‐王羲之を超えた名筆」が1月15日、上野公園の東京国立博物館・平成館で開幕する(2月24日まで)。同展は、中国の書法史上で犒歃兔餃瓩初めて本格的に花開いたとされる東晋(317〜420)の「書聖」王羲之や、初唐の三大家(虞世南・欧陽詢・褚遂良)の伝統をしっかり受け継ぎつつも、異なる美意識のもとにいわゆる「顔法」を創始した顔真卿(709〜785)の、人と書の本質に迫ろうとする大型企画展。中でも、「祭姪文稿」(台北・国立故宮博物院蔵)の日本初公開は、開幕前から大きな話題を呼んでいる。(本紙10、11面に関連記事、グラフ) 


投稿日時 18年09月15日

驚異の細密描写紹介
日仏友好160年 「ジャポニスム2018」記念展

 特別展「若冲‐<動植綵絵>を中心に」が9月15日、パリの中心部、コンコルド広場にほど近い、プティ・パレ美術館で開幕する(10月14日まで)。

同展は、今年が「日仏友好160周年」に当たることから、パリを中心にフランス各地で開催する大型日本文化紹介行事「ジャポニスム・2018」の一環として企画されたもので、国際交流基金とジャポニスム事務局の主催、プティ・パレ美術館などの共催により、伊藤若冲の最高傑作と目される、宮内庁・三の丸尚蔵館蔵の「動植綵絵<さいえ>」30幅と、京都・相国寺蔵の「釈迦三尊像」を、ヨーロッパで初めて紹介する機会となる。 


新着コラム
投稿日時: 19年03月15日

 美術新聞社/萱原書房が発行する競書誌《書統》で、昨年の師範試験から「交じり書」部門でも試験を実施し、今年の前期試験でも実施して、目下指導陣の先生方に審査をお願いしている最中である

▼「交じり書」部門では、受験資格のある方が200名近くに達し懸案事項だったから、実施を決めたら大いに喜ばれた。それもあって昨年の第1回試験では、「古典臨書」「課題創作」「書簡を書く」「条幅創作」という相当な難問にもかかわらず32名もの受験者があり、関心の高さを肌で感じた

▼ところが審査の結果、合格者が僅か3名に留まったので、一転、ブーイングを受ける羽目になった。だがこれは、考えに考えた末に犹朿Δ離僖ぅニア瓩燭蕕鵑箸靴椴廚鵑牲覯未世ら、むろん覚悟の上。審査をお願いした桑原呂翁、石飛博光、高木厚人、中村伸夫の四先生には、出品票を伏せた状態で見て頂き、「絶対評価で、五段階に採点を」とお願いしたのである

▼こうして出揃った採点結果について、評価が「二」と「一」を赤点とみなし、赤点が1つでもあったら「NO」とするシステムとしている。第2回も間もなく採点が出揃うが、受験者も10名に留まっているので、今回は狒完合格瓩箸覆譴亟鬚靴い里世ーー。

(美術新聞 第1141号1面 2019年3月15日付)


美術新聞社/萱原書房よりお知らせ
キーワード検索
書道段級取得−《書統》
書統'17 9月号
楽しく書道を学ぶ雑誌
21世紀の書道をリードする新構想の競書誌です。

[⇒詳しく見る]
全国有名筆墨業者一覧

◎埼玉

◎東京

◎滋賀

◎京都

◎大阪

◎奈良

◎広島

◎沖縄

[ご紹介] 有名書道教室
▽関連するキーワードで検索する
[お問い合わせ] Tel 03-3462-5251(代表)
株式会社 萱原書房/美術新聞社  〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町29-35 ヴィラ桜ヶ丘ビル7F[アクセスを表示]
Copyright (c) 1999- KAYAHARA PUBLISHING INC.,JAPAN All right reserved.