(1)      (昭和51年6月7日第三種郵便物認可)美術新聞社報 平成30年(2018) 9月20日(木曜日)
"イチメン"(『書道美術新聞』 1面)
投稿日時 18年09月15日

驚異の細密描写紹介
15日開幕
日仏友好160年 「ジャポニスム2018」記念展

 特別展「若冲‐<動植綵絵>を中心に」が9月15日、パリの中心部、コンコルド広場にほど近い、プティ・パレ美術館で開幕する(10月14日まで)。

同展は、今年が「日仏友好160周年」に当たることから、パリを中心にフランス各地で開催する大型日本文化紹介行事「ジャポニスム・2018」の一環として企画されたもので、国際交流基金とジャポニスム事務局の主催、プティ・パレ美術館などの共催により、伊藤若冲の最高傑作と目される、宮内庁・三の丸尚蔵館蔵の「動植綵絵<さいえ>」30幅と、京都・相国寺蔵の「釈迦三尊像」を、ヨーロッパで初めて紹介する機会となる。 


各国、各25名が力作
4・1までソウル・芸術の殿堂で

 韓国・平昌での冬季オリンピック・パラリンピックの開催を記念する関連の文化イベントの一環として、2020年の東京五輪、2022年の北京冬季五輪をもつなごうとする壮大な企画のもとに開催準備が進められて来た「東アジア筆墨の力‐日・中・韓3国書芸代表作家展」が2月9日、ソウルの芸術の殿堂・書芸博物館で開幕した(4月1日まで)。

 同展は、韓国政府の文化体育観光部(省に相当)の主催、同部所管の特殊法人芸術の殿堂の主管という、同国でもかつてない体制で実現したもので、12日に同館で行われた開幕式には政府要人らも多数出席し、同展が国家的な狷段姪賢瓩任△襪海箸髻内外に強く印象づけた。(本紙6〜8面に作品グラフ)


新着コラム
投稿日時: 18年09月01日

 今年の『レジャー白書』が発表された。それから算出した狃馥賛邑瓩錬苅坑伊人で、同白書の過去30年余りの歴史(?)上では初めて500万人を割り込んだ―

▼とにかく、2009年に同調査が、それまでの「住民基本台帳利用・層化二段無作為抽出法による3,000人に対する訪問調査」から、調査会社にモニター登録している人を単に性別・年代構成比で選び出して対象にするインターネット調査になってデータの信頼度は大幅に低下したから、本紙上での扱いも縮小の一途である(笑)

▼だが、今回の白書では、ちょっと目に留めた記事がある。「余暇活動の日中比較」と題するコラムで、これもインターネット調査なので、それなりの結果と思っていいものだろうが、それによると、上海人の余暇活動は、狄邑瓩鬚呂犬出すのに使える「参加希望率」ではどの種目も「日本と相関関係が見られた」(参加率と潜在需要の合計では類似)とか。ところが、こと「書道」については上海人の方が狎在需要瓩凌値がかなり高く、上海での40種目中5番目だという

▼ということは、つまり「書道」の参加率は日本のほうが上海より断然上らしいのが、まあ、「ほんまかいな」というコメントを付けて、ご紹介しておく。

(書道美術新聞 第1128号1面 2018年9月1日付)


書統全国展お楽しみ
美術新聞社/萱原書房よりお知らせ
キーワード検索
書道段級取得−《書統》
書統'17 9月号
楽しく書道を学ぶ雑誌
21世紀の書道をリードする新構想の競書誌です。

[⇒詳しく見る]
全国有名筆墨業者一覧

◎埼玉

◎東京

◎滋賀

◎京都

◎大阪

◎奈良

◎広島

◎沖縄

[ご紹介] 有名書道教室
▽関連するキーワードで検索する
[お問い合わせ] Tel 03-3462-5251(代表)
株式会社 萱原書房/美術新聞社  〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町29-35 ヴィラ桜ヶ丘ビル7F[アクセスを表示]
Copyright (c) 1999- KAYAHARA PUBLISHING INC.,JAPAN All right reserved.