(1)      (昭和51年6月7日第三種郵便物認可)美術新聞社報 平成29年(2017) 11月21日(火曜日)
"イチメン"(『書道美術新聞』 1面)
投稿日時 17年11月01日

「大臣賞」に真神氏
知事賞日比野氏
会員賞は永守氏
五科1、028点入選

 改組(新)第4回日展が11月3日、東京・六本木の国立新美術館で開幕した(12月10日まで)。
 外部審査員を審査陣に加えるなどの新システムを導入して4年目となる今回の同展五科(書)では、まず五科の大臣賞(本年は文部科学大臣賞)に真神巍堂(漢字)が決まったほか、例年通り別項の10名の特選受賞者と、全出品作品を対象として昨年新設された「都知事賞」に日比野実(かな)、会員作品対象の「会員賞」に永守蒼穹(調和体)がそれぞれ決まったが、今回展では過去20年間の五科で1度(平成25年)しか前例がないという、漢字部門とかな部門の特選枠の配分が5対3から4対4となっており、大きな話題となっている。(本紙2〜9面に関連記事)


投稿日時 17年10月15日

民衆の祈りと感謝
北村勝史氏のコレクション
大崎ウエストGで一堂に

 「江戸期の文字幟展」と題する珍しい展観が10月5日から10日まで、東京の大崎ウエストギャラリーで美術新聞社と同ギャラリーの共催展として開催された。

同展は、幟(のぼり=絵・文字)の収集では全国屈指のコレクターとして知られる北村勝史氏の保有する約60点を一堂にしたもので、同氏のコレクションの公開としては2度目だが、文字物に絞ったこれだけの規模の展示は初めて。

会場は、第1期元禄〜享和、第2期文化〜安政、第3期万延〜明治の3パートで構成され、全長10辰鯆兇┐訛腓なものから1辰頬たない小さなものまで、手書きの墨書から染物までと、多彩。

会場では、「これも立派な日本の文字文化だ」と、感嘆の声が多く聞かれた。


新着コラム
投稿日時: 17年11月15日

 世界記憶遺産に、日本関係の2件が同時登録される

▼「朝鮮通信使」が日韓歩調を合わせた運動の結果、登録に至ったということも、快挙と言えよう。そして、韓国側に関係の記録や資料がほとんどないので現実味は乏しいのだが、実は「上野三碑」の登録も、世が世なら両国が協調して進められる案件のはずだったと思わずにいられない

▼よく知られているように、群馬の三碑も、栃木の「那須国造碑」にしても、当時の半島・新羅からの渡来人の知見や技術に裏づけられたものであったことは、今や学界の常識だからである。かつて、わが大和朝廷は伝統的に近親関係にあった百済寄りの対外政策をとっていた。だから押し寄せる多数の渡来人や難民については、百済人は武蔵国辺りまで、一方の新羅人はより遠くの上野(群馬)、下野(栃木)、常陸(茨城)への入植が相場だったらしい

▼記録によれば、推古天皇の601年、新羅の間諜を上野に流したのを手始めに、斉明天皇の660年には百済の100余人を美濃に、持統天皇の687年には新羅の14人を下野になどとあり、千人単位の入植も一再ではなかった。しかもこれらの入植者には3年間、職と住を保証して生活の安定を図ったというから、見事というほかない。

(書道美術新聞 第1110号1面 2017年11月15日付)


【日本書道学会】の皆様へ

 近日、【日本書道学会】会員の支部・個人の皆さまより、小誌《書統》に多数お問い合わせをいただいております。


 【編入のご相談】について随時対応しておりますので、お気軽に電話又は上の「お問い合わせ」ボタン先の、入力フォームよりお問い合わせ下さい。 萱原(かやはら)書房《書統》事務局


 事務局業務日時:平日午前10時〜午後6時

 電話番号:03-3462-5251

美術新聞社/萱原書房よりお知らせ
キーワード検索
書道段級取得−《書統》
書統'17 9月号
楽しく書道を学ぶ雑誌
21世紀の書道をリードする新構想の競書誌です。

[⇒詳しく見る]
全国有名筆墨業者一覧

◎埼玉

◎東京

◎滋賀

◎京都

◎大阪

◎奈良

◎広島

◎沖縄

[ご紹介] 有名書道教室
▽関連するキーワードで検索する
[お問い合わせ] Tel 03-3462-5251(代表)
株式会社 萱原書房/美術新聞社  〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町29-35 ヴィラ桜ヶ丘ビル7F[アクセスを表示]
Copyright (c) 1999- KAYAHARA PUBLISHING INC.,JAPAN All right reserved.