(1)      (昭和51年6月7日第三種郵便物認可)美術新聞社報 平成29年(2017) 10月18日(水曜日)
刊行物案内  >  >専門書  >  ・学術・研究誌  >  学会誌『書学書道史研究』
価格:
 1〜21号セット ...31,500円(送料無料)=52%OFF=
 1〜20号までの各号 ...2,100円(送料200円)=33%OFF=
 21号 ...3,150円(送料200円)

申込先:
 150−0031 東京都渋谷区桜丘町29−35
 TEL 03−3462−5251 FAX 03−3464−8521
 郵便振替 00150 5 21073(萱原書房)



 書学書道史学会は、書学書道史とこれに関連する文化に関する研究の発展向上、国際交流の促進を図ることを目的として 1990年に設立された学会。

 書学書道史及び関連諸分野において研究、教育、創作活動に従事する方々ならびにこれに深い関心を有する方々によって運営されている。



収録論文は以下の通りです。


◆第21号(2011年)

・論文
趙之謙雑記
〜〈異魚図〉を中心にして〜 …大橋修一
細井広沢考
〜『観鵞百譚』を中心に〜 …鈴木晴彦
西周金文における字体の多様化について …角田健一
故宮本『十二月朋友相聞書』 …高木義隆
呉世昌における中国書法の受容と展開 …金貴粉
近衛家掛軸の表具における一考察 …高田智仁

・研究ノート
楷書風格の一考察
〜欧陽詢を中心に〜 …藤森大雅

・書評
◇信廣友江著『占領期小学校習字 ―戦後書道教育の出発点・毛筆習字の排除と復活をめぐる攻防』 …鈴木慶子

◆第20号(2010年)

・最新研究動向紹介
曾熙・李瑞清研究の現在 …菅野智明

・論文
董其昌の書法史論における古法変革への認識の変遷
〜南北宗論を含む画論を補助資料として〜 …尾川明穂
石如楷書考 …鎌田美里
竹田画帖作品における著賛形式について
〜《亦復一楽帖》の書と画による紙面構成を中心として〜 …吉村富美子
台湾日治時代における日下部明確と門流書家の活動と影響 …香取潤哉

・研究ノート
陳鴻壽の芸術と障害 …田淵元博

・書評
◇古谷稔『中国書法を基盤とする日本書道史研究』 …高城弘一

◆第19号(2009年)

・最新研究動向紹介
中国の三大学に収蔵された簡牘 …横田恭三

・論文
銭痩鉄と谷崎潤一郎の周辺 …柿木原くみ
陳鑑本と陸継善本蘭亭序 …高木義隆
『夜鶴庭訓抄』の変遷過程 …永田徳夫
難波津の歌の享受史覚書
〜上代から『古今集』まで〜 …安國宏紀
「絹地切」「綾地切」の多様性について
〜サンリツ服部美術館蔵の『白氏文集』巻第三・新楽府「二王後・海漫々」の断簡を中心に〜 …峯岸佳葉
會津八一が生前に揮毫した金石文の特質 …角田勝久

・研究ノート
近代以降の顔真卿の研究について …宮崎洋一

・書評
◇西林昭一『中国書道文化辞典』 …富田淳
◇杉浦邦彦『書学叢考』 …菅野智明

◆第18号(2008年)

・論 文
多胡碑の朝鮮への流伝に関する新資料 …杉村邦彦
張芝草書の実相 ー東牌楼東漢簡牘による法帖の検証ー …福田哲之
「大河内文書」にみる明治期の日中書法交流 ー楊守敬来日前後の事情をめぐってー …中村史朗
〈気〉をめぐる書法審美範疇語の研究 ー漢代から唐代の書論からみる〈気〉字術語ー …王 力軍
董其昌の歴代法帖に対する見解について …大鹿まゆみ
王澍『淳化秘閣法帖考正』に関する一考察 …盒桐ぢ

・研究ノート
章草の名義をめぐる一試論 …山本宣宏

◆第17号(2007年)

・論 文
No.1 『源氏物語』に見る紫式部の書美について …杉浦 妙子
No.2 何君閣道摩崖の書
―四川省刻石に見る一形態― …高澤 浩一
No.3 張旭の草書に関する一考察
―歴代の文献を依拠として― …下田 章平
No.4 「慈光寺経」の書風について …橋本 貴朗
No.5 奈良県立美術館蔵・伝松花堂昭乗筆「三十六歌仙和歌書」について
―伝松花堂昭乗の三十六歌仙歌受容をめぐる考察― …川畑 薫

・研究ノート
No.6 郭店楚簡『語叢四』の抄書について
―字形的バリエーションの統計学的考察― …西山 尚志

◆第16号(2006年)

・論 文
No.1 杜甫の書論
―ことに同時代批評の視点から― …興膳 宏
No.2 王僧虔「論書」より『法書要録』を見直す …大野 修作
No.3 手習い歌の変遷の実相について …森岡 隆
No.4 中国芸術における「聖」概念の変容
―「書聖」「草聖」「詩聖」「画聖」などをめぐって― …松永 恵子
No.5 徐渭有紀年書画
―徐渭書画編年の基礎として― …荒井 雄三
No.6 明代後半期における北方の「書」の状況
―山東のケイドウとその法帖刊行を中心として― …増田 知之
No.7 十二世紀書写とされる『和漢朗詠集』諸伝本について
―葦手本を中心として― …山本 まり子
No.8 南宋書法にみる「墨蹟」の源流について
―禅僧と文人の接点・張即之書風の伝播を中心に― …峯岸 佳葉

・書 評
◇浦野俊則退職記念論文集刊行会編『望岳室古文字書法論文集』 …河内 利治

◆第15号(2005年)

・論 文
No.1 偽刻家召侶善
―同手の偽刻北魏洛陽墓誌群― …澤田 雅弘
No.2 阮元における東晋書法観の変遷 …菅野 智明
No.3 中晩唐から北宋中後期に至る「狂草」評価の変遷
―張旭・懐素の批評史― …松永 恵子
No.4 江戸時代の篆書体受容について
―篆書関連書籍の翻刻・出版の事情より― …岩坪 充雄
No.5 明治維新における公文書書体の転換
― 藩士が見た「布達」類の書体と記録した「控」類の書体― …青山由起子

・研究ノート
No.6 天發神讖碑の筆法とその伝承について …佐藤 法雄

・特別寄稿
No.7 「象」と「思」
―理論研究と創作実践の相関性に関する研究― …陳 振濂

・書 評
◇河内利治著『書法美学の研究』 …萱 のり子

◆第14号(2004年)

・論 文
No.1 柩銘の展開とその図像について …大橋 修一
No.2 「流派」の発生と「道」の概念についての一考察 …杉浦 妙子
No.3 統一秦における簡牘文字の実相
―湖南省龍山県里耶出土の木牘を中心として …横田 恭三
No.4 伝西行筆の筆跡一群と「二十巻本歌合」について …名児耶 明
No.5 寸松庵色紙の伝存点数および改竄の一端 …森岡 隆
No.6 書体の変遷供縮機无― …紅林 幸子
No.7 梁啓超の北碑論 …菅野 智明

・研究ノート
No.8 「飛白書」における思想的背景 …松永 恵子
No.9 石如の篆書に関する考察
―李陽冰の影響を中心に― …大迫 正一

◆第13号(2003年)

・論 文
No.1 歌切と文切 …木下 政雄
No.2 富岡鐡齋
―書美の特異性― …野中 浩俊
No.3 焦循『里堂道聴録』所録の南北書派論・北碑南帖論について …澤田 雅弘
No.4 唐写本『説文解字』口部断簡論考 …福田 哲之
No.5 酔翁の意は酒に在らず
―米山の酔書をめぐって― …鄭 麗芸
No.6 『夜鶴庭訓抄』の残した足跡 …永由 徳夫

・研究ノート
No.7 文人山田寒山・山田正平(資料編) …柿木原 くみ
No.8 忘れられた顕彰
―植民地期台湾における日本人の建碑― …森岡 ゆかり
No.9 日本・台湾書道交流史試論文
―台湾における日本統治時代の日本人の書道関連大事年表(1895-1945)を中心に― …河内 利治

◆第12号(2002年)

・論 文
No.1 熊野類懐紙筆跡の再検討
―原本か摸本かの鑑識の方法― …古谷 稔
No.2 何紹基の書法観
―甲骨発見以前の金石学― …大野修作
No.3 色紙の体裁についての一考察 …杉浦 妙子
No.4 梁啓超碑帖跋
―中国国家図書館蔵本を中心として― …矍 浩一
No.5 和魂漢才の注連石
―米山の「天地一指」を中心に― …鄭 麗芸

・近刊紹介
No.6 ◇杉浦邦彦編「中国書法史を学ぶ人のために」大橋 修一

◆第11号(2001年)

・論 文
No.1 黄道周蔡玉卿
―玉卿詩書画考― …河内 利治
No.2 東皐心越の鐘銘をめぐって …石田 肇
No.3 草書の表現法についての考察
〜「連綿」を中心に〜 …承 春先
No.4 新出「筋切・通切」考 …眈 弘一
No.5 北條卍山とその周辺
〜伊勢の篆刻家たちとの交流について〜 …柿木原 くみ
No.6 「も」の字母に「无」はない
〜国語学・古筆学の視点から〜 …角 紀子

・講演録
No.7 第4回国際書学研究大会基調講演「日本における漢字の受容と書の形成」 …西林 昭一

◆第10号(2000年)

・論 文
No.1 殷代の書について
〜甲骨文字における「習刻」と「法刻」〜 …松丸 道雄
No.2 楊守敬の来日とその影響に関する幾つかの問題 …杉村 邦彦
No.3 王羲之書法を中心とする江戸和様書家の唐様書受容について …鈴木 晴彦
No.4 書法審美範疇語〈遒媚〉考 …河内 利治
No.5 隷書、佐書、書佐 …顧 風

・研究ノート
No.6 正倉院所蔵楽毅論について …湯沢 聡

・緊急報告
No.7 第4回国際書学研究大会 …大橋 修一

◆第9号(1999年)

・論 文
No.1 仮名発史における難波津の歌 …森岡 隆
No.2 楊守敬『激素飛清閣評碑記』、『同・評帖記』について
〜湖北省博物館蔵手稿本の検討を中心に〜 …中村 史朗
No.3 小萬柳堂と澄清堂法帖 …鈴木 洋保
No.4 金印再考 …佐藤 法雄

・研究ノート
No.5 新出『庭訓往来』古写本の筆者について
〜建部伝内賢文自筆と認定するまで〜…中村 武三
No.6 鄭文■用印再考王大■所刻印 …弓野 隆之

・特別寄稿
No.7 金文「唯」字考 …金 洋東

◆第8号(1998年)

・論 文
No.1 江戸時に舶載された単帖の研究 …大庭 脩
No.2 吐魯番出土文書に見られる王羲之習書
〜阿斯塔那179号墓文書〈72TAM179:18〉を中心に〜 …福田 哲之
No.3 新発見の洛陽存古閣旧蔵石拓本 …飯山三九郎
No.4 戦国期楚系簡帛文字の変遷
〜字形を中心として〜 …横田 恭三

・研究ノート
No.5 忘れられた碑の中から
〜戸川安清寿蔵碑をめぐって〜 …柴田 光彦
No.6 中国新出土秦封泥の検証 …松村 一徳

・書 評
No.7 ◇「近衛家熙写手鑑の研究・仮名古筆篇」村上翠亭・高城竹苞著 …森岡 隆

◆第7号(1997年)

・論 文
No.1 書跡にける平面鑑賞と堅面鑑賞について
〜その形状より見た特徴〜 …木下 政雄
No.2 潤例の発生と展開
〜明・清における文人売芸家の自立〜 …澤田 雅弘
No.3 書法批評語〈骨〉義考
〜南朝から唐代の書品論を中心に〜 …河内 利治
No.4 「玉梅花■論篆」における金文書派の体系 …菅野 智明
No.5 小曽根乾堂論
〜篆刻を中心として〜 …神野 雄二

・近刊紹介
No.6 ◇「中国古代写本識語集録」池田 温◇「翁方綱の書学」西林 昭一
◇「象と法と」大庭 脩◇「啓功書話」大野修作訳 …田中 有

・資 料
No.7 「Handwriting」研究関連文献総目録(3) …萱原 晋

・報 告
No.8 第2回中国書法史論国際研討会の記 …中村 伸夫

◆第6号(1996年)

・論 文
No.1 漢墓出土の簡牘
〜特に王杖簡牘について〜 …大庭 脩
No.2 内藤湖南と山本二峯
〜澄懐堂収蔵の中国書画をめぐって〜 …杉村 邦彦
No.3 滑川澹如について …柴田 光彦
No.4 鳥篆考 …鶴田 一雄
No.5 廉泉の日本における活動
〜収蔵家としての行跡をめぐって〜 …鈴木 洋保
No.6 李瑞清の墨縁 …菅野 智明

・研究ノート
No.7 線・形象・時間 …萓 のり子

・書 評
No.8 松丸道雄・高嶋謙一編『甲骨文字字釋綜覧』 …浦野 俊則

・資 料
No.9 「Handwriting」研究関連文献総目録(2) …萱原 晋

・報 告
No.10 1995日華書学研討会の記
No.11 発表要旨◇王羲之の狃言帖瓩砲弔い董沈称 昭一
No.12 発表要旨◇近・現代の日本の書について…萱原 晋

・講演録
No.13 第6回大会記念講演「慈雲尊者について」(要旨) …三浦 思雲

◆第5号(1995年)

・論 文
No.1 武威磨嘴子第四号漢墓出土の柩銘について …中村 伸夫
No.2 祝允明の小楷書法について …下野 健児
No.3 『秋萩帖』所収歌について …高城 弘一
No.4 趙孟■本『急就篇』考 …福田 哲之

・資 料
No.5 「Handwriting」研究関連文献総目録(1) …萓原 晋

・5周年記念誌上座談会
No.6 「書学書道史研究の現状と展望」
(出席者=西林昭一、杉村邦彦、角井博、興膳宏、松丸道雄、大野修作、
浦野俊則、中村伸夫、大島守彦、福田哲之、野中浩俊、萱原晋、田中 有)

◆第4号(1994年)

・論 文
No.1 包山楚簡の書法についての考察 …新井 儀平
No.2 中唐期の書論
〜『書断』から『述書賦』へ〜 …大野 修作
No.3 和刻『隷辨』考
〜江戸時代における隷書の導入〜 …田中 有
No.4 楊守敬と日下部鳴鶴
〜近代中日書法交流史の発端〜 …杉村 邦彦
No.5 中央研究院所蔵の拓本資料
〜仏教碑銘を中心として〜 …八木 宣諦
No.6 河北定県北荘漢墓刻石の書丹者 …飯山 三九郎
No.7 尾上柴舟の書風の変化に関する一考察 …松本 昭彦
No.8 形態から行為へ
〜今日の書における芸術経験をめぐって〜 …萱 のり子

・報 告
No.10 中日書法史論研討会の記 …中村 伸夫

・講演録
No.11 第4回大会記念講演「清末の印学と印人たち」(要旨) …小林 斗■

◆第3号(1993年)

・論 文
No.1 〈肥致碑〉試探 …西林 昭一
No.2 潘存臨鄭文公下碑の伝来とその歴史的意義 …杉村 邦彦
No.3 余紹宋『画法要録』と『書画書録解題』 …大野 修作
No.4 劉■の書跋に見る書法観 …鈴木 洋保
No.5 会津八一の印学 …神野 雄二
No.6 明代における狂草の流行とその様相
〜祝允明を中心として〜 …下野 健児

・研究ノート
No.7 鵬斎以降の書流の行方 …岩坪 充雄

・講演録
No.8 第3回大会記念講演「晋唐小楷の字体について」(要旨) …中田勇次郎

◆第2号(1992年)

・論 文
No.1 水野疎梅とその交流 …横田 恭三
No.2 伝殷墟出土璽印の亞字形について …金 洋東
No.3 『才葉抄』と藤原教長 …杉浦 妙子
No.4 朝鮮書道史と副島種臣
〜金正喜との関連をめぐって〜 …豊嶋 嘉穂
No.5 甘粛簡牘帛書出土年表 …田中 有
No.6 額田部臣刀銘の考証
〜字体・製作年・書者〜 …福宿 孝夫

・研究ノート
No.7 琉球王朝の和様書について …渡久地政二

◆創刊号(1991年)

・論 文
No.1 書道史研究の方法に関する一つの試論 …杉村 邦彦
No.2 日本出土「魏紀年」四鏡の銘文と字体 …福宿 孝夫
No.3 泰山金剛経と尖山摩崖
〜「北周要経洞摩崖」(中華民国14年刊油印本)をめぐって〜 …松村 一徳
No.4 〈検〉の再検討 …大庭 脩
No.5 顔真卿書「殷夫人顔君碑」について
〜顔真卿の晩年の書風に関する一考察〜 …宮崎 洋一
No.6 『篆隷萬象名義』の篆体について
〜『説文解字』との比較を中心に〜 …福田 哲之
No.7 禅と書法芸術 …何 勁松
No.8 中国古書論にみられる用筆理念の変遷
〜蔵鋒用筆を中心として〜 …森 常雄
No.9 手本体と写書体の形状的特質とその作品名称について …木下 政雄
プリンタ用画面
刊行物案内トップへ
・学術・研究誌
次
月刊『書道研究』
キーワード検索
書道段級取得−《書統》
書統'17 9月号
楽しく書道を学ぶ雑誌
21世紀の書道をリードする新構想の競書誌です。

[⇒詳しく見る]
全国有名筆墨業者一覧

◎埼玉

◎東京

◎滋賀

◎京都

◎大阪

◎奈良

◎広島

◎沖縄

▽関連するキーワードで検索する
[お問い合わせ] Tel 03-3462-5251(代表)
株式会社 萱原書房/美術新聞社  〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町29-35 ヴィラ桜ヶ丘ビル7F[アクセスを表示]
Copyright (c) 1999- KAYAHARA PUBLISHING INC.,JAPAN All right reserved.