(1)      (昭和51年6月7日第三種郵便物認可)美術新聞社報 平成29年(2017) 11月23日(木曜日)

2007-10-15
《風信帖》 第878号(風信帖)

▼今年も「全北書芸ビエンナーレ」を見に行ってきた...

▼韓国でも全州は、ソウルからバスか鉄道を利用して成田‐ソウルの倍は優にかかるほどの地方都市。その地で、予算規模日本円で約1億円という国際的な書の祭典が既に10年にわたり続けられているのである。奇跡といっては失礼ながら、現地はもとより韓国書芸界関係者のよほど本気の取り組みがなければ、できないことだろう。しかも今大会では、「これまでの10年、これからの100年」という掛け声さえ聞かれる元気ぶりだった

▼その現地で「日本にはどうして書芸ビエンナーレがないの」と聞かれるのはいつものことなのだが、実際韓国ではその全州の少し前にも規模は小さいが「釜山書芸ビエンナーレ」があったし、来年は「ソウル書芸ビエンナーレ」もあるし、中国でも大規模な「北京書法ビエンナーレ」などがあるという状況下では、まさに素朴な疑問だろう

▼まあ、われわれもこれまで論議をしてこなかったわけではないと思うし、仮に長年書壇を支えてきた大新聞社あたりの企画として出たなら1も2もなく実現したのだろう。しかしこれからの時代、書壇人も自力で全書壇的なお祭りを立ち上げて元気倍増のきっかけにするようなことも考えないと――。

(書道美術新聞 (第878号) 2007年10月15日版 1面)
Posted by editor

この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。

この記事へのトラックバック用URL
http://kayahara.com/modules/nmblog/trackback.php?aid=17

この記事へのコメント
投稿されたコメントはありません。

nmBlog v1.3 distributed by SAMN Project
キーワード検索
書道段級取得−《書統》
書統'17 9月号
楽しく書道を学ぶ雑誌
21世紀の書道をリードする新構想の競書誌です。

[⇒詳しく見る]
全国有名筆墨業者一覧

◎埼玉

◎東京

◎滋賀

◎京都

◎大阪

◎奈良

◎広島

◎沖縄

▽関連するキーワードで検索する
[お問い合わせ] Tel 03-3462-5251(代表)
株式会社 萱原書房/美術新聞社  〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町29-35 ヴィラ桜ヶ丘ビル7F[アクセスを表示]
Copyright (c) 1999- KAYAHARA PUBLISHING INC.,JAPAN All right reserved.