(1)      (昭和51年6月7日第三種郵便物認可)美術新聞社報 平成29年(2017) 11月22日(水曜日)

2007-10-01
《風信帖》 第877号(風信帖)
 「書道人口」の減少傾向に歯止めが掛からない。今年はついに900万も大きく割り込み、「書道人口1千万」も今は昔?!...


▼「参加人口」が1年で本当に25%、100万近くも減るものか俄かには信じられないが、昨今の書塾界や競書誌界の苦境からすれば、流れとしてはそういうことなのだろう。もっとも、こうした傾向が「書道」だけのことかというとさにあらず、『白書』によれば趣味創作部門では多くの種目が“参加人口減”に悩んでいる。過去10年に半減というのも、「書道」のほかに「陶芸」も同様。「茶道」、「華道」も3割減で足並みを揃えている

▼注目されるのは、25年前のピーク時の3割の水準まで落ち込んだと関係者が危機感を募らせている「囲碁」のケース。数年前、少年コミック誌の連載が大ヒットして十代の囲碁人口が急激に伸び、中学・高校に囲碁部続々誕生といったニュースが周辺分野を羨ましがらせたことは記憶に新しい。書道界でも“人気コミック待望論”がよく話題になったものだが、実はあの連載が終わったとたん、十代世代における「囲碁ブーム」はあっという間に過去のものとなり、「囲碁部」もほとんど消滅してしまった。やはり、地道な努力を積み重ねるほかないのだ。

(書道美術新聞 (第878号) 2007年10月1日版 1面)
Posted by editor

この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。

この記事へのトラックバック用URL
http://kayahara.com/modules/nmblog/trackback.php?aid=16

この記事へのコメント
投稿されたコメントはありません。

nmBlog v1.3 distributed by SAMN Project
キーワード検索
書道段級取得−《書統》
書統'17 9月号
楽しく書道を学ぶ雑誌
21世紀の書道をリードする新構想の競書誌です。

[⇒詳しく見る]
全国有名筆墨業者一覧

◎埼玉

◎東京

◎滋賀

◎京都

◎大阪

◎奈良

◎広島

◎沖縄

▽関連するキーワードで検索する
[お問い合わせ] Tel 03-3462-5251(代表)
株式会社 萱原書房/美術新聞社  〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町29-35 ヴィラ桜ヶ丘ビル7F[アクセスを表示]
Copyright (c) 1999- KAYAHARA PUBLISHING INC.,JAPAN All right reserved.