(1)      (昭和51年6月7日第三種郵便物認可)美術新聞社報 平成29年(2017) 11月19日(日曜日)
  
投稿日時: 16年02月15日

 文化審が今回、こうした形で漢字の字体・字形についての「指針」を示すことにした趣旨について、次のような説明をしている点は傾聴に値しよう

▼「近年、社会の変化と共に、漢字の文化が変質していくことが案じられている」「手書き文字と印刷文字との違いが、理解されにくくなっている」「文字の細部に必要以上に注意が向けられる傾向が生じている」…

▼そこで文化審は、これらの問題点を国語施策の課題として捉え、「指針」を漢字をより適切に積極的に運用するために活用してほしいと要望している。確かに、「当用漢字表」においても、「これらの文字を筆写(楷書)の標準とする際には、点画の長短・方向・曲直・つけるかはなすか・とめるかはね又ははらうか等について、必ずしも拘束しない」と明記していた

▼また、「常用漢字表」でも「字形・字体においての考え方は、当用漢字表を引き継いでいる」としているわけであるから、どうして「はねたら×」といった牴畄磴吻畊佑方が独り歩きすることになったのか、検証が必要だろう。今回の、本来問題にしなくてよい漢字の形状の細部の差異が正誤の基準とされたりすることのないように指針を作ったという説明には、取り敢えず素直に耳を傾けたい。

(書道美術新聞 第1070号1面 2016年2月15日付)


投稿日時: 16年02月01日

 欧陽可亮の訴訟の行方は当初から気に掛けて来た。恐らく和解で決着することになるのだろうと考え、報道はそれからでもと思っていたのである
 
▼ところが立命館側が何と、「大学の自治」「学問の自由」を振りかざして和解を拒んだと聞き、報道に踏み切ったわけなのだが――。読者にも、ここに抄録した準備書面をお読みになって、狒碓佞梁荵絢圻瓩箸靴董崕衢権」を盾にした立命館の方が、法律的には強いかもと思われた方は少なくないだろう

▼確かに原告側の主張は、論理よりも「情」に訴えている面があり、証拠や立証という面では強いとは言えそうにないから、裁判官も「遺族としての心情は理解できるが」と、被告側に軍配を挙げる可能性もなくはない気がする

▼とは言え、仮にこれで立命館側が勝てば、それで研究や公開、出版等々の関連行為が自由自在に出来るかというと、さにあらず。実は、遺族がまだ30年近く保持する「著作権」「著作者人格権」という権利はかなり強力だから、今後差し止め請求や許諾拒否という形で対抗されたら、宝の持ち腐れとなるのは必定で、死蔵するしかなくなるのではないか。本紙としては立命館側に、建設的な和解協議に応じることを勧めるゆえんである。

(書道美術新聞 第1069号1面 2016年2月1日付)


投稿日時: 16年01月15日

 全羅北道の観光部局の担当官の人が本社を訪れて、「書芸のビエンナーレ開催を企画している」と協力を要請されたのは、確か1995年の初夏のことだった

▼そして実際にその2年後の1997年、第1回全北ビエンナーレが開催され、日本からもかなりの参加者があってホッとしたことを思い出す。あれから早20年、今回が第10回大会というから、継続は力なりで、このビエンナーレが東アジアの書文化・書芸術の振興に一定の役割を果たしてきたことは、十分に評価していいと思う

▼同ビエンナーレの強みは、しっかりした行政組織による事業ということで、韓国政府も手厚い助成措置を講じていることから、その予算規模はスタート当初から日本円で5,000万円近い規模を誇り、近年は1億円近いと聞くと、果たして今日のわが列島でこれほどの額の公的資金が「書道」に注ぎ込まれることがあるだろうかと、うたた感慨に堪えない

▼ただ、聞くところによると、今回の大会の組織委員会が躍起になって日本からの参加者を募ったが、反応鈍く、最後は個別要請まで行い、やっと確保した参加者が、なんと7人だったとか。むろん、いろいろと事情のあることは言うまでもあるまいが、それにしても…。

(書道美術新聞 第1068号1面 2016年1月15日付)


投稿日時: 16年01月01日

 小野寺啓治の「偲ぶ会」の発起人代表を務める巡り合わせになったことで、この1か月、彼の年譜を整理したり、彼の評論記事を読み返したりする機会が多かった

▼彼は学習院大で美学を学び、武蔵野美術大で助手を務めながら「民芸」の研究に打ち込んでいたのだが、大学での教職科目で「書道」を石橋犀水に学んで開眼、書道評論を志したことで私との接点が出来たとは、以前既に本コラムで紹介した通りである

▼そこで過日、思い立って彼の本格的な書道評論の第1号というべき記事を探し出し、懐かしく読んだ。それは、当時私が関与していた『新美術新聞』の昭和47年11月1日付に載せた「書壇時評」と題する記事で、これが第1作であった

▼何分にも彼も初めてで、「どんな風な記事にしたらいいだろう」「とにかく新聞だからね、批判精神を忘れないようにしようよ」と話し合い、初めのうちは彼が8割、私が2割くらい口を挟んで記事を作ったものであった。そして、第1作の見出しを「書の指導者の過失」にしようと私が提案したのは、まだ一字も書き出してない段階だったことを、昨日のことのように覚えている。今、読み返してみて、ぜんぜん陳腐化していない内容であることに驚きもし、満足感も――。

(書道美術新聞 第1067号1面 2016年1月1日付)


投稿日時: 15年12月15日

 今年も、来年版の『年鑑・書道/2016』が完成した。巻頭の「誌上展」にも前年度版より2割近く多い722名の方々の珠玉の代表作を収録させて頂いたし、「名鑑」も格段に使い勝手がよくなった

▼お蔭さまで、会社創立以来36年にわたって毎年お届けしてきた『年鑑』だが、昨年の本年度版の編集では一念発起して取り組んだ編集改革の結果、重さが2キロにもなったりして、種々ご意見を頂く仕儀となってしまった

▼そこで来年版では、とにかく使いやすいものにと、重量も1割減らし、「名鑑」も不評の「画数順配列」は取りやめた。これも慣れれば結構使いやすいのだが、日本ではやはりちょっと不便だったかも。ということで来年版では、2万7千という収録規模はそのままに、書人名簿としての利便性を考え、)萋展、読売展、産経展、そ派・無所属の4部建てでそれぞれ50音順配列に戻し、やはり50音の総索引も設けた

▼ただ、「よみ」を完全に付けきれたわけではないので、そうしたケースでは最もポピュラーなものを充てた結果、まだ少し課題も残っている。とはいえ、この「名鑑」と「誌上展」が、書道への新規入門者に対する唯一格好の手引きとなっていることは、間違いない事実である。

(書道美術新聞 第1066号1面 2015年12月15日付)


« 1 ... 6 7 8 (9) 10 11 12 ... 47 »
キーワード検索
書道段級取得−《書統》
書統'17 9月号
楽しく書道を学ぶ雑誌
21世紀の書道をリードする新構想の競書誌です。

[⇒詳しく見る]
全国有名筆墨業者一覧

◎埼玉

◎東京

◎滋賀

◎京都

◎大阪

◎奈良

◎広島

◎沖縄

▽関連するキーワードで検索する
[お問い合わせ] Tel 03-3462-5251(代表)
株式会社 萱原書房/美術新聞社  〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町29-35 ヴィラ桜ヶ丘ビル7F[アクセスを表示]
Copyright (c) 1999- KAYAHARA PUBLISHING INC.,JAPAN All right reserved.