(1)      (昭和51年6月7日第三種郵便物認可)美術新聞社報 平成31年(2019) 2月19日(火曜日)
  
投稿日時: 19年01月15日

 ソウルの国立中央博で始まった、「大高麗/918‐2018」展を見に行った

▼館側の宣伝資料に、「高麗建国1、100年の節目の年に「米・英・伊・日の各国の11の機関と国内の34の機関が所蔵する文化財450点余を一堂にする特別展」とあったので、「日本からも?」と気になったが、もちろんどれがどうなのかはよく分からなかった

▼昨年の夏から秋ごろ、韓国の主要メディアまでが「日本、高麗遺物の貸出を拒否」とか、「最上級品は難色」、「日本政府、博物館に圧力か」などと騒がしかったことは、覚えておいでだろうか。ネット上では、「やっぱり日本は!」という過激派もいる一方で、「対馬の仏像の一件もあるから、仕方ないのでは」という冷静な声もあったようだ

▼わが国では、既に10年近く前に「海外美術品公開促進法」という法律ができ、海外から借り受けた美術品については国内での差し押さえリスクがなくなったので、だからこそ台湾も、大陸側のそうした動きを心配せずに、今回の顔真卿の「祭姪」も快く貸してくれられるようになったわけだが、韓国にはまだ、こうした法律がないのである

▼漸く国会議員の一部から、新法の制定を急ごうという声も出ているらしいが、実際、急務だと思う。

(美術新聞 第1137号1面 2019年1月15日付)


投稿日時: 19年01月15日

 最新版の『年鑑・書道/2019』が、ようやく発売の運びとなった。『1980版』が創刊号だから、ちょうど40冊目なので何とか新味を、新しい魅力をと、編集部が悪戦苦闘し、完成は半月遅れたが――
 
▼一見、変わり映えはしないかもしれないが、実は最大の看板の1、000点近い作品を載せる巻頭グラフ(年度記録作品集録)に本年版から、有力公募展(日展・毎日展・読売展・産経展)の主な受賞作品を網羅的に収録した。これは、『年鑑』として改めて書道界1年間の「Annual‐Report」(年報)としての使命を担わせる狙いの誌面改革である

▼同時に、グラフページ中に本紙の毎年ラストの号で掲載している1年の回顧録「できごと」欄と、物故者一覧「墓碑銘」欄を転載、収録することにした。そしてこれらは「物故名家誌上遺墨展」とも連動していることで、記録性は飛躍的に高まったと自負している。このほか、前年版から本格改訂作業をスタートさせた「師承関係図」も作業が進み、新たに百数十名の有力書家各位を「系譜」に収めさせて頂くことができた

▼40冊の年鑑は、積み重ねても、もう自立させるのは難しくなったが、『年鑑』としての犲律性瓩蓮飛躍的に高まりつつあると考えている。

(美術新聞 第1136号1面 2019年1月1日付)


投稿日時: 18年10月01日

 書写書道教育界の重鎮、長野秀章(竹軒)氏から『コトバノカケラ』と題する小冊が送られて来た。「8月4日初版」とあり、「言葉‐南全星、書‐長野竹軒」とあるから氏と南さんという方の共著に違いない――

▼早速ページを繰っていくと、まず目次には「自然」「道程」から「戯言」「擬音(オノマトペ)」まで10の項目が並んでいる。そして「自然」の項には「花ガ咲ク」「山ようごけ」などの短いものから、30字近い長いものまで10句、最後の「擬音」の項にも「げんげん元気…」「いつもギラギラ…」などの10句と、合わせて100の爛灰肇亅瓩収められており、つまりは『詞華集』(アンソロジー)のたぐいと言っていい

▼しかも見どころは、それらの爛灰肇亅瓩珠玉の「交じり書作品」となって収められていること。言ってみれば、南さんと長野氏のコラボ作品集なのだ

▼と、ここで「あとがき」に目を通してビックリ! 「私は自分自身の中で役割分担をし、南全星が言葉を紡ぎ、竹軒が言葉を綴るという、言わば2人3脚で漢字仮名交じりの書を」とあるではないか。新指導要領では、「素材」という語を「言葉」に置き換える狢膕革瓩進められているが、氏はまさに率先、それを実践していると言えようか。

(書道美術新聞 第1130号1面 2018年10月1日付)


投稿日時: 18年09月15日

 「書道」の冠文字を外すと決意してから、約半年。漸くのことで、第1号をお届けする運びとなった

▼4ページ増えた分をカラー化して、記事の幅を美術の各方向に少し拡張し、機動力も高めることで、本紙をいわば犇眤鞍莽瓩ら救い出したいというのが本意。本号の形が最終形というわけでもなく、思い描いてきた通りの結論というわけでもないので、読者各位にはどうか、温かい目で見守って頂ければと思う

▼だが、そうは言っても、こうして踏み出した以上、後に引けないことは確かで、新聞社として初心に帰り、新たな気持ちで新聞づくりに取り組みたいと思っている。そういう意味では、この数カ月、筆者は実にワクワクしているのだが、この号の紙面からそのワクワク感を少しでも汲み取って頂けたら、嬉しい

▼話は変わるが、お待たせしている高校用の新しい学習指導要領の解説記事については、長野秀章先生を中心に本当に親身になって、いろいろと骨を追ってくださっている。だが、今回の改訂は、従来のような単なる手直しのレベルではなく、文科省はいわば従来とは全く異なる、新しい考え方で高校の国語教育と書道教育を再生、再構築しようとしていると考えてほしいとは、長野先生の説明である。

(書道美術新聞 第1129号1面 2018年9月15日付)


投稿日時: 18年09月01日

 今年の『レジャー白書』が発表された。それから算出した狃馥賛邑瓩錬苅坑伊人で、同白書の過去30年余りの歴史(?)上では初めて500万人を割り込んだ―

▼とにかく、2009年に同調査が、それまでの「住民基本台帳利用・層化二段無作為抽出法による3,000人に対する訪問調査」から、調査会社にモニター登録している人を単に性別・年代構成比で選び出して対象にするインターネット調査になってデータの信頼度は大幅に低下したから、本紙上での扱いも縮小の一途である(笑)

▼だが、今回の白書では、ちょっと目に留めた記事がある。「余暇活動の日中比較」と題するコラムで、これもインターネット調査なので、それなりの結果と思っていいものだろうが、それによると、上海人の余暇活動は、狄邑瓩鬚呂犬出すのに使える「参加希望率」ではどの種目も「日本と相関関係が見られた」(参加率と潜在需要の合計では類似)とか。ところが、こと「書道」については上海人の方が狎在需要瓩凌値がかなり高く、上海での40種目中5番目だという

▼ということは、つまり「書道」の参加率は日本のほうが上海より断然上らしいのが、まあ、「ほんまかいな」というコメントを付けて、ご紹介しておく。

(書道美術新聞 第1128号1面 2018年9月1日付)


(1) 2 3 4 ... 51 »
キーワード検索
書道段級取得−《書統》
書統'17 9月号
楽しく書道を学ぶ雑誌
21世紀の書道をリードする新構想の競書誌です。

[⇒詳しく見る]
全国有名筆墨業者一覧

◎埼玉

◎東京

◎滋賀

◎京都

◎大阪

◎奈良

◎広島

◎沖縄

▽関連するキーワードで検索する
[お問い合わせ] Tel 03-3462-5251(代表)
株式会社 萱原書房/美術新聞社  〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町29-35 ヴィラ桜ヶ丘ビル7F[アクセスを表示]
Copyright (c) 1999- KAYAHARA PUBLISHING INC.,JAPAN All right reserved.