風信帖・943

 10年08月01日 | カテゴリ: ≪風信帖≫

 「いくら不人気でも、本紙としてやめるわけには」と書いた1年後にあっけなく中止する羽目になろうとは、世の中全く一寸先は闇だ――
 
▼本紙が20年来続けてきた「書道人口」の推計値報道のことだが、それにしても日本生産性本部はなぜ、こんな後ろ向きの変更を突然やったのだろう。もしかすると、あの民主の荒っぽい「事業仕分け」とかで、「そんな調査、お金掛けず、ネットでやるんじゃだめなんですか」なんていわれたのかも
 
▼それにしても、インターネット調査なるもののいい加減さは、目に余るといえそうである。1点だけ挙げてみると、今回の『レジャー白書』の調査はインターネットで3110人から回答を得たというのだが、その回答者の性別・年齢構成が何とも頂けない
 
▼まず、男1512人、女1598人というのも「へ〜」だが、男=88、192、302、221、266、443、女=110、195、241、262、269、521、という数字には「ひぇ〜」。これは十代〜六十代以上の各年代の回答者数で、何と六十代以上の女性がダントツなのだ。パソコン分布がこんなはずはないから、調査員が昼間ネットで接触するとすれば、こうなっても仕方ないということなのだろう。呵々!

(書道美術新聞 第943号1面 2010年8月1日付)




kayahara.com : 萱原書房・美術新聞社のサイトにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://kayahara.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://kayahara.com/modules/column/index.php?page=article&storyid=57