≪風信帖≫第910号

 09年03月01日 | カテゴリ: ≪風信帖≫

 この時代に、構想段階から3年、子会社を立ち上げてからでも一年半も掛けて準備を進めてきた新事業の一端を、漸くお披露目できることとなった。「MSMストア」、“本日開店”――
▼もっとも、美術分野に専心するメディア企業を志して30年の小社のことであるから、ここでズブ・シロの域を出ない商業界に打って出ようというわけのものではもとよりない。この新事業は、小社が次の30年紀へ向けて新たなステージを目指すための、情報収集、パイプ作り、市場開拓、社会貢献、国際交流等々、いろいろな思いを託して船出させる「偵察ステーション」のようなものとお考え頂きたい。そして、この種の“偵察衛星”はまだいくつも用意しており、それは担当する子会社「A&M」の、「A」はアート、「M」はミュージックという一事をもってしても、お察し頂けようか

▼とはいえ、だからといって「MSMストア」が売上度外視でいいとは考えていないので、ぜひどしどし来店頂き、利用して頂きたい次第であるが、そうした利用を通して小社が究極に目指すところは、美術館・博物館の一層の心理的“バリアフリー化”に貢献し、各館に足を運ぶ人が増えることに貢献したいという、まあ、一寸の虫にも五分の魂なのである。



(書道美術新聞 第910号1面 2009年3月1日付)



kayahara.com : 萱原書房・美術新聞社のサイトにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://kayahara.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://kayahara.com/modules/column/index.php?page=article&storyid=24