(1)      (昭和51年6月7日第三種郵便物認可)美術新聞社報 平成29年(2017) 11月19日(日曜日)
≪風信帖≫
風信帖(1012)
投稿日時: 13年08月01日

 中国政府の「漢字見直し」の動きに関する本紙の報道が、内外から大きな反響を頂いている。「大変なことですね」と、あちこちで声を掛けられている

▼この件については、実はほかにも傍証を握っている。例えば、いま中国各地の大学では、教育系であろうと総合大学であろうと、「書法学院」の設置ラッシュだという。北京大学だか北京師範大学だかでは、既に強引に他の学部に一棟を空けさせて「学院」を設置済みで、授業も始めているとか

▼どういう授業かというと、これが市内の小・中学校の先生たちを対象にした、「書法指導」のための、いわゆる現職教育である。「小3から顔真卿の臨書を指導せよ」といわれても、今や中国でも先生たちに全くその素養はないから、各学校から先生たちが校長命令で通って来るのだという

▼そして、この「学院」における現職教育を組織し指導するために北京大学では、台湾の淡江大学の書法科主任・張炳煌教授をこの4月から客員教授に迎え、カリキュラムづくりなどを急ピッチで進めているというのだ

▼無論それは、北京だけを対象にしたものではなく、全国の「学院」を視野に入れたものというから、この動き、どうやら本気なのである。われわれも、乗り遅れてはなるまい―

(書道美術新聞 第1012号1面 2013年8月1日付)


この記事に関連した記事

印刷用ページ 

キーワード検索
書道段級取得−《書統》
書統'17 9月号
楽しく書道を学ぶ雑誌
21世紀の書道をリードする新構想の競書誌です。

[⇒詳しく見る]
全国有名筆墨業者一覧

◎埼玉

◎東京

◎滋賀

◎京都

◎大阪

◎奈良

◎広島

◎沖縄

▽関連するキーワードで検索する
[お問い合わせ] Tel 03-3462-5251(代表)
株式会社 萱原書房/美術新聞社  〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町29-35 ヴィラ桜ヶ丘ビル7F[アクセスを表示]
Copyright (c) 1999- KAYAHARA PUBLISHING INC.,JAPAN All right reserved.