(1)      (昭和51年6月7日第三種郵便物認可)美術新聞社報 平成29年(2017) 11月18日(土曜日)
≪風信帖≫
風信帖(1009)
投稿日時: 13年06月15日

 「対聯」のそもそもの起源は、古来中国で元旦に門に飾った魔除けの札「桃符」らしく、これは桃の木の板に百鬼を食すといういわれのある神像や、吉祥文を書いたものだった。この辺までは、わが門松と似通っていたわけである

▼今日に見るような形の対聯の誕生は十世紀、唐から宋への過渡期に五代の一国、後蜀の皇帝孟昶の書いた「新年納余慶、嘉節号長春」が最古の例で、これで後蜀は愁いから解放されたと史書にあるとか。別の史書には、明を興した朱元璋(太宗)が、官府の宅、百姓の家、みな必ず門に「春聯」を貼るようにと、お触れを出したともあるという。どうやら、単なる民俗伝承の風習とは一味違うようである

▼今日でも、「春聯」だけでなく長寿祝賀用の「寿聯」、結婚祝賀用の「婚聯」、葬儀哀悼用の「挽聯」、あるいは出産祝賀用や名勝旧跡を称えるもの、自戒のためや商売繁盛、単に一般的な装飾用までと、実に多種多様な用途に用いられている。日常生活にこれほどまでに書が場を与えられることは、羨ましい限りである

▼まあ、いまさら遅いといわれればその通りだろうが、新たな交流機会が生まれるかもしれぬし、この辺でキチンと研究してみようよというのが、小誌の提案である。

(書道美術新聞 第1009号1面 2013年6月15日付)


この記事に関連した記事

印刷用ページ 

キーワード検索
書道段級取得−《書統》
書統'17 9月号
楽しく書道を学ぶ雑誌
21世紀の書道をリードする新構想の競書誌です。

[⇒詳しく見る]
全国有名筆墨業者一覧

◎埼玉

◎東京

◎滋賀

◎京都

◎大阪

◎奈良

◎広島

◎沖縄

▽関連するキーワードで検索する
[お問い合わせ] Tel 03-3462-5251(代表)
株式会社 萱原書房/美術新聞社  〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町29-35 ヴィラ桜ヶ丘ビル7F[アクセスを表示]
Copyright (c) 1999- KAYAHARA PUBLISHING INC.,JAPAN All right reserved.