(1)      (昭和51年6月7日第三種郵便物認可)美術新聞社報 平成29年(2017) 11月19日(日曜日)
≪風信帖≫
風信帖(991)
投稿日時: 12年09月15日

 所用で韓国へ行ってきた。今回は連載とは全く関係のないことで行ったのだが、しかしそこで久々にちょっと興奮する遺跡めぐりをしたので、ご報告しておこう

▼場所はどこかというと、「半島書芸史」講座の第1回に載せた元円光大教授の金洋東先生によるあの狢臠見リスト”で「いの一番」に載っていた、「昌原・茶戸里遺跡出土の筆」の昌原を訪ねたのである

▼釜山に近いその地では三国時代のずっと前、いわゆる馬韓・辰韓・弁韓時代のさらに前に、その弁韓の版図にあった地方勢力の中心地で1,000基もの古墳群が発見されており、発掘の結果、その1基から5本もの「筆」が見つかったということなのだ。筆はむろん大陸製で下賜品と見るのが自然だが、同時に「宝剣」の類も出土しているところからすると、既に当時その地方には牴Ω◆匹成立していた可能性が出てきたというのである。しかもその年代が何と、BC100ないし同150年と聞かされては、興奮しないわけにはいかない

▼つまり、漢の武帝が楽浪郡など4郡をおいたのがBC108年だから、それよりも降らない時代に半島先端部に、漢帝が一目置くような犢餡函匹成立し、文字文化も伝わっていたということなのである。うーむ!

(書道美術新聞 第991号1面 2012年9月1日付)


この記事に関連した記事

印刷用ページ 

キーワード検索
書道段級取得−《書統》
書統'17 9月号
楽しく書道を学ぶ雑誌
21世紀の書道をリードする新構想の競書誌です。

[⇒詳しく見る]
全国有名筆墨業者一覧

◎埼玉

◎東京

◎滋賀

◎京都

◎大阪

◎奈良

◎広島

◎沖縄

▽関連するキーワードで検索する
[お問い合わせ] Tel 03-3462-5251(代表)
株式会社 萱原書房/美術新聞社  〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町29-35 ヴィラ桜ヶ丘ビル7F[アクセスを表示]
Copyright (c) 1999- KAYAHARA PUBLISHING INC.,JAPAN All right reserved.