(1)      (昭和51年6月7日第三種郵便物認可)美術新聞社報 平成31年(2019) 12月14日(土曜日)
  
掲載日: 19年11月01日

猗惰増瓩蓮五科(書)のみ
大臣賞に、山下、斎藤、勝野、井隼、牛窪5氏
 
改組(新)第6回日展が11月1日、東京・六本木の国立新美術館で開幕した(11月24日まで)。新システムを導入して六6年目となる今回の同展では、まず大臣賞は日本画(一科)と洋画(二科)に内閣総理大臣賞、彫刻(三科)、工芸美術(四科)、書(五科)に文科大臣賞がそれぞれ1点決まったのをはじめ、会員作品対象の「会員賞」と、全出品作品を対象として第3回展から新設された「東京都知事賞」に、各科それぞれ1点の授賞が決まった。また、長年にわたって美術界で最も権威ある登竜門の一つとされている「特選」には、今年も各科10名ずつ、合わせて50名の受賞者が別項の通り決まった。

◆第一科(日本画)
 今年の日展を各科別に見ていくと、まず第一科(日本画)の搬入数は前回展比44点減の393点で、これに対する入選数は2点増の169点となったことから、入選率は約4・78ポイント上がって43%となった。会場は1階を25室に区分けし、入選作品169点のほか、会員等の無鑑査作家作品140点を加えて、309点を展示している。これは前回展比4点の増。
展示作品のうち長谷部日出男、前田米子の物故作家2名については、遺作展示となっている。
 日本画の授賞面では、大臣賞に山下保子「追憶」、都知事賞に中村徹「海想」、会員賞に諸星美喜「おいて」が、それぞれ決まった。特選受賞者10名も別項(2面掲載=略=以下同)の通り決まったが、このうちでは竹内恵利子が2度目、他の9名が初受賞。
◆第二科(洋画)
 第二科(洋画)の搬入数は前回展比74点減の1、677点で、これに対する入選数は3点増の528点となったことから、入選率は約1・5ポイント上がって31・48%となった。会場は2階を24室に区分けし、入選作品528点のほか、会員等の無鑑査作家作品125点を加えた、合わせて653点を展示している。これは前回展比5点の増。
展示作品のうち山名将夫の物故作家1名については遺作展示となっている。
 洋画の授賞面では、大臣賞に斎藤秀夫「清新」、都知事賞に長谷川仂「港の朝・曇る日」、会員賞に平野行雄「粟国島の民家」がそれぞれ決まった。特選受賞者10名も別項の通り決まったが、このうち阿部良広、茅野吉孝、佐渡一清、中土居正記、松本貴子の5名が2度目、他の5名が初受賞。
◆第三科(彫刻)
 第三科(彫刻)の搬入数は前回展比11点減の108点で、これに対する入選数は7点減の85点となったことから、入選率は約1・39ポイント下がって78・7%となった。会場は2階フロアに4室を設け(休憩室を含む)、入選作品85点のほか、会員等の無鑑査作家作品158点を加えた、合わせて243点を展示している。これは前回展比5点の減。
展示作品のうち雨宮敬子、稲垣克次、林昭三の物故作家3名については、遺作展示となっている。
 彫刻の授賞面では、大臣賞に勝野真言「瀬」、都知事賞に斎藤尤鶴「あおあらし」、会員賞に中原篤徳「ささやかな一日の終わりに」がそれぞれ決まった。特選受賞者10名も別項の通り決まったが、このうち大亀清寿、坂本健、高砂晴光、寺沢孝明、長谷川倫子、横山丈樹、脇園奈津江の7名が2度目、他の3名が初受賞。
◆第四科(工芸美術)
 第四科(工芸美術)の搬入点数は前回展比60点減の648点で、これに対する入選数は6点減の423点となったことから、入選率は約4・69ポイン上がって65・28%となった。会場は1階を10室に区分けして(休憩室を含む)、入選作品423点のほか、会員等の無鑑査作家作品一二八点を加えた、合わせて551点を展示している。これは前回展比7点の減。
展示作品のうち鶴見保次の物故作家1名については、遺作展示となっている。
 工芸美術の授賞面では、大臣賞に井隼慶人「積日惜夏」、都知事賞に大樋年雄「Mesa Marley『神光天地照』」、会員賞に村田好謙「風と光と水と」がそれぞれ決まった。特選受賞者10名も別項の通り決まったが、このうち佐々木真澄、武田司、西本直文、福富信、森克徳の5名が2度目、他の5名が初受賞。
◆第五科(書)
 第五科(書)の搬入点数は前回展比139点増の8、682点で、これに対する入選数は25点増の1、066点となったことから、入選率は約0・09ポイント上がって12・28%となった。会場は3階の全フロアを25室に区分けして、入選作品1、066点のほか、会員等の無鑑査作家作品145点を加えた、合わせて1、211点を展示している。これは前回展比24点の増。
展示作品のうち小山やす子、土井汲泉の物故作家2名については、遺作展示となっている。
 書の授賞面では、文科大臣賞に牛窪梧十「岑参詩」、都知事賞に吉川美恵子「梅」、会員賞に田中徹夫「ほのやみ」がそれぞれ決まった。特選受賞者10名も別項の通り決まったが、このうち佐井麗雪、深瀬裕之、宮負丁香、山口啓山の4名が2度目、他の6名が初受賞。



文化功労者に田渕氏(日本画家)

文部科学省は10月29日、平成31年度の文化勲章受章者6名と、文化功労者21名を発表した。それによると、今年の美術部門では文化功労者に日本画の田渕俊夫(日本美術院理事長・東京芸術大名誉教授)が選ばれた。日本画界からの文化功労者は平成25年度の上村淳之に次ぐもので、31人目の栄誉となった。
 田渕氏への顕彰理由は、「奈良、京都など日本の文化財、アフリカ、インド、中国の遺跡を取材し、地域の自然のたたずまいと時代を丁寧に考証した制作活動を展開。植物や風景を描いた作品は、卓越した技術、色彩感覚を土台に静謐な中に深い精神性をたたえ、永平寺不老閣、鶴岡八幡宮斎館、智積院講堂、薬師寺食堂などに襖絵・壁画を奉納。日本画の発展に寄与した功績は顕著」などとされている。


 


掲載日: 18年09月15日

驚異の細密描写紹介
日仏友好160年 「ジャポニスム2018」記念展

 特別展「若冲‐<動植綵絵>を中心に」が9月15日、パリの中心部、コンコルド広場にほど近い、プティ・パレ美術館で開幕する(10月14日まで)。

同展は、今年が「日仏友好160周年」に当たることから、パリを中心にフランス各地で開催する大型日本文化紹介行事「ジャポニスム・2018」の一環として企画されたもので、国際交流基金とジャポニスム事務局の主催、プティ・パレ美術館などの共催により、伊藤若冲の最高傑作と目される、宮内庁・三の丸尚蔵館蔵の「動植綵絵<さいえ>」30幅と、京都・相国寺蔵の「釈迦三尊像」を、ヨーロッパで初めて紹介する機会となる。 


掲載日: 18年09月01日

「雅趣」「格調」高い評価
狃饕添嚢盪愼骸圻瓩箸靴撞霾


 文化功労者、日本芸術院会員で、書壇の最高指導者の1人として大きな足跡を残した古谷蒼韻氏(ふるたに・そういん、本名繁=興朋会会長・蒼遼会主宰)が8月25日午前6時55分、肺炎のため府内の病院で死去した。94歳だった。葬儀は近親者で既に営まれ、後日、「お別れの会」が催される。自宅は、京都府宇治市宇治塔ノ川。


各国、各25名が力作
4・1までソウル・芸術の殿堂で

 韓国・平昌での冬季オリンピック・パラリンピックの開催を記念する関連の文化イベントの一環として、2020年の東京五輪、2022年の北京冬季五輪をもつなごうとする壮大な企画のもとに開催準備が進められて来た「東アジア筆墨の力‐日・中・韓3国書芸代表作家展」が2月9日、ソウルの芸術の殿堂・書芸博物館で開幕した(4月1日まで)。

 同展は、韓国政府の文化体育観光部(省に相当)の主催、同部所管の特殊法人芸術の殿堂の主管という、同国でもかつてない体制で実現したもので、12日に同館で行われた開幕式には政府要人らも多数出席し、同展が国家的な狷段姪賢瓩任△襪海箸髻内外に強く印象づけた。(本紙6〜8面に作品グラフ)


掲載日: 18年02月01日

国宝26件等、116件で
10日開幕
九州国立博物館で

 特別展「王羲之と日本の書」展が2月10日、福岡・太宰府市の九州国立博物館で開幕する(4月8日まで=展示替えあり)。
 
 同展は、テレビ西日本の開局60周年を記念して企画されたもので、日本で大陸からの漢字の伝来以来1、000年以上にわたり育み、守られたてきた「書」文化の精髄を、王羲之書法にまで遡って作品や文字資料でたどろうとする大型企画展で、国宝26件、重文18件、重美4点などを含む、全116件の書蹟を一堂にするもの。
 
 平成17年開館の同館での、「書蹟」をテーマとした本格企画は初めて。(本紙6面に関連記事、グラフ)


掲載日: 18年01月01日

「東京五輪パラ大会」記念展
平昌記念「3国代表作家展」の次計画



 美術新聞社は年初から、2020年の東京五輪・パラ大会に合わせた書道関連の文化イベントの企画検討を本格化させる。

 本社は昨夏以降、韓国側からの協力要請を受けて、今年(2018)2月9日から韓国東北部の平昌で開かれる冬季五輪・パラ大会を記念してソウルで開かれる「日中韓・3国代表作家展」への日本側代表作家の選定や開催準備のための作業を、評論家の田宮文平氏、書壇側の井茂圭洞、新井光風両氏の助言の下に進めてきたが、同作業がほぼ順調に完了したことから、中・韓側からの期待も大きい、次の東京でのイベントのキッカケづくりに、全力を挙げることにしている。


掲載日: 17年12月15日

1月1日付、発足へ
一般社団法人国際書体検定協
名称・組織の変更登記準備


 美術新聞社が今春に構想を発表し、去る9月以降、書写・書道教育界や関係各界有識者らの協力を得て「勉強会」の開催を重ね、また一般社団法人国際書体検定協会(島田幸吉代表理事)と連携協議を進めてきた「文字文化検定」事業についてこのほど、同一般社団法人の名称、組織を変更して事業母体とし、同社団法人が今秋「第10回検定」を実施した「書体検定」を今後「文字文化検定」と改称、内容を拡充し、来秋以降継続実施する基本方針が固まった。

 これにより、同社団法人を来年1月1日付で「一般社団法人国際文字文化検定協会」に変更の登記を行い、新協会が正式発足する運びとなる。


「漢字書法コンクール」併催
開幕式典で授賞式実施
10ヵ国から猴Ь霆佗吻瓩


 第33回国際蘭亭筆会書法展/マレーシア展が11月18日から22日まで、マレーシアの首都、クアラルンプール南郊のセリ・ケンバンガン市にあるマレーシア・カダンパ仏教総会会館を会場に開催された。

 今回展は国際蘭亭筆会本部(萱原晋国際事務総長・張炳煌国際会長)が、現地の同仏教総会と、マレーシア国際現代書画連盟、マレーシア文化経済促進会などの協力を得て共同主催の形で開いたもので、マレーシアでの同展の開催は2000年11月の第16回展以来で、17年ぶり2回目。


掲載日: 17年11月15日

日本最古碑に犁啗
ユネスコ発表
「朝鮮通信使」も決まる

 国連の教育科学文化機関(ユネスコ)は10月30日、今日の群馬県内に残る日本最古の石碑群「上野三碑(こうずけさんぴ)」を新たに「世界記憶遺産」に登録すると発表した。今年の同遺産への登録では、このほかにも日本関連で日本側の協議会と韓国側文化財団の2組織が共同で登録実現へ向け活動を行ってきた江戸時代の日本・朝鮮間の外交資料「朝鮮通信使に関する記録」についても、同時に決定をみた。


掲載日: 17年11月01日

「大臣賞」に真神氏
知事賞日比野氏
会員賞は永守氏
五科1、028点入選

 改組(新)第4回日展が11月3日、東京・六本木の国立新美術館で開幕した(12月10日まで)。
 外部審査員を審査陣に加えるなどの新システムを導入して4年目となる今回の同展五科(書)では、まず五科の大臣賞(本年は文部科学大臣賞)に真神巍堂(漢字)が決まったほか、例年通り別項の10名の特選受賞者と、全出品作品を対象として昨年新設された「都知事賞」に日比野実(かな)、会員作品対象の「会員賞」に永守蒼穹(調和体)がそれぞれ決まったが、今回展では過去20年間の五科で1度(平成25年)しか前例がないという、漢字部門とかな部門の特選枠の配分が5対3から4対4となっており、大きな話題となっている。(本紙2〜9面に関連記事)


(1) 2 3 4 ... 18 »
キーワード検索
書道段級取得−《書統》
書統'19 11月号
楽しく書道を学ぶ雑誌
21世紀の書道をリードする新構想の競書誌です。

[⇒詳しく見る]
全国有名筆墨業者一覧

◎埼玉

◎東京

◎滋賀

◎京都

◎大阪

◎奈良

◎広島

◎沖縄

▽関連するキーワードで検索する
[お問い合わせ] Tel 03-3462-5251(代表)
株式会社 萱原書房/美術新聞社  〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町29-35 ヴィラ桜ヶ丘ビル7F[アクセスを表示]
Copyright (c) 1999- KAYAHARA PUBLISHING INC.,JAPAN All right reserved.