(1)      (昭和51年6月7日第三種郵便物認可)美術新聞社報 平成29年(2017) 11月22日(水曜日)
  
掲載日: 81年07月01日


1面 “告身帖”審理進む
2面 ひと―どら猫に怪しまれつつ書三昧―毎年個展を開催、ハナタレ小僧にゲキをとばす―黒田筑川氏
3面 緊急解説―かな書道会事件
4面 第16回高野山競書大会―弘法大師賞に鶴岡さんら決まる
5面 風化進む天柱山・雲峰山の魏碑群
6面 第22回全書研大阪大会(8月)研究発表者―新会長に狩田氏―全国大学書道学会総会終わる
7面 書写・書道教育―現場からの報告―設備で“私学の強み”―専門コース(13単位)も設定へ―帝塚山高(奈良市)
8,9面 中山王墓銅器の銘文について―〈新出土文字資料〉今井凌雪
10面 “幻の書家”松田雪柯―書道史に大きな役割―没後百年、今こそ再評価を―山本棠舟
11面 わが趣味の記―クロダイ釣り―植木九仙
12面 表装を考えるページ―表装の楽しみ―学書人が表装技術を学ぶ
13面 ジュネーブ・プチパレ美術館―「1981強の日本書展」ひらく/北京―“狂草”(前衛書)に強い関心―第一回現代日本絵画・書法展ひらく
14面 “書ごころ”を再検討―近藤摂南書展
15面 書展短信
16面 今月の全国書展案内


(書道美術新聞 74号1面 1981年7月1日付)


掲載日: 81年06月01日


1面 高等学校芸術科書道指導資料―『鑑賞編』―書鑑賞に“理論”の光―文部省労作
2面 小川瓦木氏、読売書展へ―第6回展「伝統」「現代」二部制採用
3面 中国書法家協会発足―5月5日―第1回中書代大会で宣言
4面 学会、新理事長に石橋鯉城氏が就任
5面 書壇時評
6面 ことしの全高書研・神奈川大会―11月6・7日、横浜市で開催
7-9面 書の鑑賞方法―文部省編『高等学校芸術科書道指導資料・鑑賞編』から
10面 文部省選“決定版・名跡リスト”
11面 わが趣味の記―書痙と太極拳―大沢史峰
12面 書と心理―収束的風景と発散的書風
13面 日本能書家のエピソードを語る―講座・講演会から―話題の多い空海、道風明神に見込まれた佐理/第一筆を忘れた?空海“黒い話”は行成にも?
14面 ほとばしる感性の書―川瀬真洞書作展
15面 書展短信
16面 今月の全国書展案内


(書道美術新聞 73号1面 1981年6月1日付)


掲載日: 81年05月01日


1面 新生毎日展―目玉は受賞の大幅増
2面 中国美術館で会いましょう!―「東京展」と「日本現代絵画・書道展」が鉢合わせ
3面 入選作に“座席”空けた二展制―毎日書道展―どこまで増える?
4面 35回展記念事業決める―書道芸術院
5面 この目で見た「雲峰山」の魏碑群
6面 全書研・大阪大会日程きまる
7面 書写・書道教育現場からの報告―最大13単位、選択の幅大きくー高校期の専門教育-やはり進路対策が難題-神奈川県立茅ヶ崎西浜高の場合―二宮英雄
8面 書跡古文書類15件、新指定―「大手鑑・有栖川家伝来」など重文に―文化財保護審
9面 先達を偲んで―三遺作展―川村驥山・高塚竹堂・森田竹華
10面 書と心理―禰津和彦―「威厳性」・「伝達性」・「意匠性」―原初文字の姿に書表現のカギが
11面 酔仏・川村驥山―書けぬつらさでやけで飲み
12面 縦書作品で“天地論争”―スペイン四都市で社中展を開いて―池田水城
13面 写経ブームにちなみ―質疑応答―写経とはどういうものか
14面 揺るがぬ強固な意欲―病魔を克服―松井如流小品展
15面 書展短信
16面 今月の全国書展案内


(書道美術新聞 72号1面 1981年5月1日付)


掲載日: 81年04月01日


1面 毎日書道展審査員きまる
2面 第1回中国書法研究会、日程きまる
3面 第33回毎日書道展審査員一覧
4面 日中文化社公館、開館―村上三島氏が“悲願”果たす―大阪
5面 資料研究―今年の日展審査員はどう決まる?
6面 今年は5月に大会を開催(千葉県立美術館で)―教大協第二部会・全国大学書道学会
7面 シンポジウム―2単位で何ができるか?―大阪府下職業高校芸術科作品展から
8面 私も一言―伊藤滋―同じ碑から違う拓本?
9面 川端文学燦文集による―金子鷗亭書展
10,11面 正倉院御物「詩序」のナゾを解く―飯島春敬
12面 書と心理禰津和彦―一つの比較、書と剣
13面 わが趣味の記―水換えが第一、キメテは餌―ルール通りにはいかぬ金魚餌育―中野真如
14面 (1981)東京都美術館借館団体一覧
15面 書展短信
16面 今月の全国書展案内


(書道美術新聞 71号1面 1981年4月1日付)


掲載日: 81年03月01日


1面 「共通一次」時代の入試―苦悩する“特設書道科
2面 初の提携交流実現へ―全書連と中書協―8月の「中国書法研究会」が訪中
3面 毎日書道展―両派目立つ不協和音―伝統派次々に“独自方針”
4面 日書芸、梅舒適理事長再選
5面 紙上論争―書道博物館VS書芸文化新社
6面 実技研修復活など決議―7年ぶりの関東地区書教研大会
7面 いざ本番“幕張の実験―千葉県立幕張北高の場合
8面 福建紙のふるさとを訪ねて―青柳保男―「竹繊維」にびっくり―生産性向上には種々のネック
9面 実践研究―“中国ツアー”はいま
10面 上田桑鳩展ひらく―2月20日〜3月8日〜五島美術館
11面 取材メモから―朝日に抜かれた!―「良寛筆百人一首」ニュースの周辺
12面 第6回新春書壇囲碁大会戦績表―第6回新春書壇囲碁大会―2月15日於日本棋院
13面 幻の紅糸硯6北畠雙耳
14面 日本かな書道会主催「六曲屏風展」
15面 書展短信
16面 今月の全国書展案内


(書道美術新聞 70号1面 1981年3月1日付)


掲載日: 81年02月01日


1面 毎日2展(毎日日本書展・毎日現代書展)始動
2面 イタリア大地震―被災地へ救援金を
3面 「明清書法展」ひらく―1月1日→2月14日中国・上海博物館
4面 石橋犀水氏、台湾台北市国立歴史博物館で個展
5面 どうなる「告身帖事件」訴訟
6面 “書道科大学”入試実施状況
7面 書写・書道教育―現場からの報告―新指導要領を先取りして“地域の高校”づくり―多様な進路別指導を実践―芸専(書道)コースは14単位履修―県立高松東高
8,9面 六曲屏風展総集編
10面 中国書法家代表団に同行して―駒井鵞静
11面 “良寛筆百人一首”を調査して―「朝日」の“大ニュース”背景―加藤僖一
12面 わが会の書き初め大会―伝統作法に仏教儀式をプラス―菽水書人社―林錦洞
13面 幻の紅糸硯5北畠雙耳
14面 永青文庫の“羊頭狗肉”―「中国美術至宝」展
15面 書展短信
16面 今月の全国書展案内


(書道美術新聞 69号1面 1981年2月1日付)


掲載日: 81年01月01日


1面 毎日展改組へ―伝統派と新派に分割―二展(毎日日本書展・毎日現代書展)が独自の運営
2面 「告身帖」事件―書博書芸文化新社を告訴―複製出版に“所有権侵害”
3面 賀春―書き初め大会はいま
4面 日書芸、「明・清の書展」(上海)に大参観団
5面 書壇史発掘4―日展から「前衛」が消えた日
6面 本社刊《年鑑・書道1981》全国学校図書館協議会の選定図書に
7面 “書道塾”と高校書道教育―全高書研・兵庫大会:安宅川崇氏の発表から―「鑑賞指導」に影響力なし―表現力に顕著な効果
8,9面 日本・中国書道交流特集―第25回記念―現代書道20人展
10面 「呉昌碩先生胸像」除幕式に参列して
11面 回顧「一九八〇年」
12面 資料研究―第12回日展鑑別・審査の実態1
13面 本紙恒例調査―干支作家一覧
14面 “修羅道”に解脱の日々―杉岡華邨書作展
15面 第15回記念―東京タイムズ書道展ひらく
16面 今月の全国書展案内


(書道美術新聞 68号1面 1981年1月1日付)


掲載日: 80年12月01日


1面 中国書法家代表団来日
2面 「20人展」でも日中交流
3面 第5回読売書法展ひらくー11月29日〜12月7日―東京都美術館
4面 「呉昌碩胸像」除幕から―西泠印社
5面 書壇史発掘3―雅休遺作の受難―“依属作品”を陳列拒否
6面 全高書研兵庫大会開く
7面 特集―第12回日展
8面 第12回日展五科―各部審査員にきく
9,10面 グラフ―第12回日展五科
11面 第12回日展五科「調和体」評―長谷川遅牛
12面 第5回読売書展・第2回東京書作展―受賞秀作集
13面 ボストン紀行―ショーグン人気考―日比野光鳳
14面 “古希”期し本格作家活動へ―“初個展”の伊東参州作品展
15面 第2回東京書作展―入賞・入選者きまる
16面 今月の全国書店案内


(書道美術新聞 67号1面 1980年12月1日付)


掲載日: 80年11月01日


1面 第12回日展入選者きまる
2面 「全書連訪中団」帰る―中国側代表団、11月17日来日
3面 第12回日展―特選作品集
4面 期待される2展―天来門下総集合―大璞会書展・15年ぶり総集編―西川春洞展
5面 書壇史発掘2―日展から「前衛」が消えた日
6面 新中学校書写教科書を読む―阿保直彦
7面 書写・書道教育現場の報告―“用美の書”の実践指導―新潟商業高校―吉田シズ子(水明)
8面 真州腹切りの一幕―田中真州
9面 中国旅行―まだまだ少ない“経験者”―本紙アンケート集計結果から
10面 講座・講演会から―かな料紙、色彩の上の墨の美しさ―桑田三舟
11面 沖縄の平仮名碑文について―本土に例のない価値ある存在―塚田清策
12面 日本書道芸術専門学校を訪ねて
13面 わが趣味の記―火の神のご利益―私の茶?作り―偶然と必然のはざまで―入山東石
14面 「一期一会の書」の試み―村上三島
15面 かな書に初めての試み―目白会25周年記念・仲田幹一書展
16面 今月の全国書展案内


(書道美術新聞 66号1面 1980年11月1日付)


掲載日: 80年10月01日


1面 東大寺―昭和大納経いよいよ奉納へ
2面 “日中会談”日程きまる―全書連訪中団―10月3日出発
3面 東京国立博物館で―特別展「茶の美術」
4面 映画「書の歴史」完成
5面 書壇史発掘1―そして誰もいなくなった―日展から「前衛」が消えた日1/資料―日展離脱表明―上田桑鳩
6面 中学校書写教科書―採択状況まとまる
7面 書写・書道教育現場からの報告―創造性欠く現代っ子―生活体験からの書表現指導―富山商業高校―馬場克代
8,9面 特集―奉納近づく東大寺昭和大納経
10面 講座・講演会から―個展臨書は作家のバロメーター―青木香流
11面 研究ノート―「怱怱不暇草書」考―源川彦峰
12面 書論―臨書の意義のついて―伊井見中
13面 わが趣味の記―太鼓に“気分爽快”―永井幸子
14面 最新中国事情―解放後初の天柱山―種谷扇舟―「鄭文公上碑」特別参観記
14,15面 書展短信
16面 今月の全国書展案内


(書道美術新聞 65号1面 1980年10月1日付)


« 1 ... 133 134 135 (136) 137 138 139 ... 142 »
キーワード検索
書道段級取得−《書統》
書統'17 9月号
楽しく書道を学ぶ雑誌
21世紀の書道をリードする新構想の競書誌です。

[⇒詳しく見る]
全国有名筆墨業者一覧

◎埼玉

◎東京

◎滋賀

◎京都

◎大阪

◎奈良

◎広島

◎沖縄

▽関連するキーワードで検索する
[お問い合わせ] Tel 03-3462-5251(代表)
株式会社 萱原書房/美術新聞社  〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町29-35 ヴィラ桜ヶ丘ビル7F[アクセスを表示]
Copyright (c) 1999- KAYAHARA PUBLISHING INC.,JAPAN All right reserved.