候補に杭迫、小山、赤江氏

掲載日: 08年02月01日 | カテゴリ: 書道美術新聞【1面】

候補に杭迫、小山、赤江氏

今年の「日本芸術院賞」選、始まる


 日本芸術院(三浦朱門院長)の第64回(平成19年度)日本芸術院賞の候補者受け付けが1月16日から25日まで行われ、第一部「美術」など三部門にそれぞれ候補者が決まった。


 第一部の第五分科(書)では、杭迫柏樹(興朋会副理事長)、小山やす子(日本書道美術院常任顧問)の両氏と、今回新たに赤江華城(臨池会副会長)氏が候補者として推薦された。3氏は選考委員会で正副2候補に絞られ、第一部の会員(現在47名)の投票によって受賞者がきまる。発表は3月23日頃の予定。


(書道美術新聞 (第885号) 2008年2月1日版 2面)



kayahara.com : 萱原書房・美術新聞社のサイトにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://kayahara.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://kayahara.com/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=37