20年度採用“高校書道採試”総括

掲載日: 08年02月01日 | カテゴリ: 書道美術新聞【1面】

20年度採用“高校書道採試”総括

大阪府で4名が合格


 各都道府県の公立高校芸術科「書道」の平成20年度教員採用試験(昨夏に試験実施)は、岩手、茨城、埼玉、富山、大阪、鳥取、高知の7県で実施されたことは既報の通りだが、美術新聞社の調べによると、最終的な受験者数、合格者数や、試験問題公開の可否等は、以下の通りとなっている。ただし各県により実施状況や情報公開状況がそれぞれ違うため、情報は一律でない。

 ◇ ◇ ◇

【岩手】受験者数は12名、一次合格者数は1名、二次合格者は0名。試験問題は県庁の一階の行政情報センターで閲覧・コピーできる。また、県内各行政センターでも公開している。


【茨城】採用予定者数は1名程度。受験者数は18名、一次合格者数が2名、二次合格者数は1名、倍率は、18.0倍だった。試験問題は、県庁内の行政情報センターで閲覧・コピーできる。


【埼玉】採用見込数は高校全体で約130名。書道の受験者数は49名、一次合格者数は7名、名簿登載者数は1名。倍率は49.0倍だった。試験問題は県庁第二庁舎の県政情報センターで閲覧・コピーできる。


【富山】採用予定者数は不詳。受験者数は中高合わせて601名、一次合格者数は180名、二次受験者数は178名、名簿登載者数は93名。倍率は6.46倍だった。いずれも中高合わせて、全教科での人数・倍率。各校種・教科ごとの人数は非公開。試験問題は、県情報公開総合窓口で閲覧・コピーできる。


【大阪】採用予定者数は高校全体で約300名。書道の受験者は58名、第一次選考合格者は11名、第二次選考合格者数は4名。倍率は14.5倍だった。試験問題は府庁情報センターで閲覧・コピーできる。


【鳥取】採用予定者数は高校全体で25名。書道の受験者数は8名、一次合格者数は1名、名簿登載者数は1名。倍率は、8.0倍だった。試験問題は、県民室の情報公開窓口などで公開している。


【高知】採用予定者数は1名程度。受験者数は15名、一次合格者数が4名、最終合格者は0名。試験問題は、県教育委員会のホームページ内でも公開している。


(書道美術新聞 (第885号) 2008年2月1日版 7面)



kayahara.com : 萱原書房・美術新聞社のサイトにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://kayahara.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://kayahara.com/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=35