[第44回日展]当番審査員きまる

掲載日: 12年06月01日 | カテゴリ: トップ記事

新審査員に7氏
作品搬入は10月10、11日


 日展事務局はこのほど、今年の第44回日展の開催要項と審査員人事などを決め、発表した。
 ◇ ◇ ◇

 それによると、今年の日展は例年と同様に11月2日から12月9日まで、東京・港区六本木の国立新美術館を会場に開催される。
 
 
 五科(書)の出品出品募集要項としては、
▽出品点数=1人1点▽搬入日(一般公募作品の指定搬入日)=10月10、11日の両日(個人搬入は10日)▽搬入場所=池袋・サンシャインシティ・ワールドインポートマート4階(午後3時まで受付)▽出品料=1万円
▽作品ジャンル=漢字・かな・調和体・篆刻▽寸法=1、5平方丹米癲複瓧横苅押滷僑沖僉■癸隠牽院滷沓境僂泙燭錬隠沓供滷牽記僉■磽隠横院滷隠横鵜僉■筍隠娃供滷隠械境僉■紕横隠押滷沓悪僂覆鼻法

重量は15坩米癲

巻子・帖はタテ32儖米癲濂300〜400僉帖は開いたときの横寸法が50儖米癲

篆刻は額装(アクリル付台貼り)でタテ39×30僂里漾
などとなっている。



 今年の五科審査員については、例年通り17名の当番審査員が決まった。
 
 内訳は、常務理事1名、理事2名、評議員1名、会員6名、新審査員7名で、7名の新審査員の登用は一昨年に次ぐもので改組後では過去最多タイ。
 
 
 五科(書)の当番審査員の顔ぶれと、合わせて決まった係(16名)、出品委嘱者(27名)、無鑑査(前回展特選受賞者10名)は、以下の通り。
 
 
【審査員】新井光風(常務理事)、井茂圭洞、杭迫柏樹(以上理事)、貞政少登(評議員)海野涛山、江口大象、河野隆、高木厚人、土橋靖子、真神巍堂(以上会員)、岩永栖邨、大沢城山、大平匡昭、西村東軒、森嶋隆鳳、森田彦七、山根亙清(以上新審査員)

【係】井茂圭洞(主任)、杭迫柏樹、貞政少登、海野涛山、江口大象、河野隆、高木厚人、土橋靖子、真神巍堂、岩永栖邨、大沢城山、大平匡昭、西村東軒、森嶋隆鳳、森田彦七、山根亙清

【出品委嘱者】井上清雅、伊織蘇峰、伊藤一翔、植松龍祥、尾崎蒼石、岡田直樹、岡野楠亭、笠原聖雲、河西樸堂、鬼頭翔雲、佐々木宏遠、田中徹夫、寺岡棠舟、堂本雅人、中路佳保里、永守蒼穹、日賀野琢、平松紫雲、福光幽石、舟尾圭碩、光安芳堂、山口耕雲、山本高邨、山本大悦、吉沢大淳、吉沢鉄之、綿引滔天

【無鑑査】伊藤仙游、岩田海道、梶山夏舟、上林三玲、柴原月穂、新谷泰鵬、野田正行、柳涛雪、山際雲峰、吉田成美



(書道美術新聞 第985号1面 2012年6月1日付)



kayahara.com : 萱原書房・美術新聞社のサイトにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://kayahara.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://kayahara.com/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=255