「毎日書道図書館」開館

掲載日: 09年05月15日 | カテゴリ: 書道美術新聞【1面】

パレスサイドビル書道界に広く開放
1回200円

 毎日書道展第60回展の記念事業の一環として毎日新聞社・毎日書道会が開設計画を進めていた「毎日書道図書館」がこのほど、東京・一ツ橋のパレスサイドビル内にオープンした。
 同館は、現在の蔵書はまだ約2、700冊前後という規模に留まるものの、今後さらに内外の書道・書学関係や周辺領域の図書までを幅広く対象として収集、保存し、学生を含む書道関係者らに広く開放、書作活動や関連する調査・研究に寄与することをめざしている。

同館の開架式閲覧室 同ビル1階の開架式閲覧室(約14坪)と地下5階の閉架式書庫(約22坪)を持ち、見たい図書は閲覧室に設置された端末から直接検索できるシステムとなっている。

 同図書館の主な利用規約は、以下の通り。


▽利用料は1回200円(毎日書道展関係者は無料)▽開館日・開館時間は、当面は火、木曜および第1土曜日の午前11時から午後5時(祝日は閉館)▽閲覧は1階閲覧室に限る▽図書貸出しは不可(コピーは可)、など。

 同館に関する問い合わせ等は、TEL03‐3212‐2918の毎日書道会へ。



(書道美術新聞 第915号1面 2009年5月15日付)



kayahara.com : 萱原書房・美術新聞社のサイトにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://kayahara.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://kayahara.com/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=104