(1)      (昭和51年6月7日第三種郵便物認可)美術新聞社報 平成29年(2017) 11月20日(月曜日)
書道美術新聞【1面】 > トップ記事
「書の美術」展開幕
掲載日: 12年01月15日

館蔵名品など一堂
7年ぶり
大和文華館で本格企画展


 特別企画展「書の美術」が1月6日、奈良市の大和文華館で開幕した(2月19日まで)。
 
 同展は、昨年四月から「開館50周年」を記念する企画展を多彩に開催している同館が7年ぶりに開いた書作品に絞った企画展で、古筆切、装飾経典、僧侶の書、天皇・公家の書、武家の書の各ジャンルに分けた展示作品は、合わせて59点。
 
 館蔵優品を中心に一部各館蔵の優品をも合わせて見どころの多い内容となっており、国宝1点、重文7点を含む、この冬必見の一展。(本紙7面に関連作品グラフ)

 ◇ ◇ ◇

 大和文華館は、奈良市にある東洋古美術を中心とした美術館で、1960年に近鉄の創立50周年記念事業の一環として開館した。
 
 館蔵の書蹟は、古文書学の権威として大きな足跡を残した中村直勝(1890〜1976)旧蔵の「雙柏文庫コレクション」などが中核をなしているとされ、今回展に出品の宸翰や公家・武家の書の大半が同コレクションのものとなっているが、書的な面からの今回展の目玉は、何といっても古筆、墨跡と装飾経典類。
 
 
 とりわけ横浜三渓園を残した原富太郎旧蔵の国宝「一字蓮台法華経<普賢菩薩勧発品>」は、見返し部分には法会の様子を描いた大和絵が添えられている平安期の装飾経を代表する史料的にも重要な作品で、今回展では同類の作例との比較を通じて各「一字蓮台法華経」の相互検証や、「一字一仏」思想についての考察の契機とする狙いで、京都国立博物館蔵の守屋コレクションの「一字蓮台法華経」2点(いずれも重文)、本満寺蔵の「一字宝塔法華経」2点(同じくいずれも重文)、黒川古文化研究所蔵の「妙法蓮華経断簡」2点が関連作品として同時陳列されており、得難い機会となっている。
 
 装飾経は、これらを合わせて計14点出品されている。
 
 
 古筆切も、『源氏物語』第51帖「浮舟」の後半部分が書写された「源氏物語浮舟帖」(重文)は、雲母(きら)をひいた光沢ある料紙に白と黒のみによる静謐な画面と流麗な筆致が見どころの鎌倉期の写本、旧秋田藩佐竹家に伝来し昭和8年に分割され各家に分蔵されたうちの一葉で、華麗に情感豊かに描かれた格調高い歌仙絵の名品「佐竹本三十六歌仙絵断簡<小大君像>」(重文)のほか、旧西本願寺蔵の伊勢集が昭和4年に分割分蔵されたうちの一葉で添景が銀泥で施された破り継ぎの料紙がひときわ美しい「伊勢集断簡(石山切)」や、「桂本万葉集断簡(栂尾切)」、「和漢朗詠集断簡(伊予切)」などは、いずれも平安中・後期の逸品。
 
 このほか、宗達による金銀泥の下絵に墨書した桃山期の本阿弥光悦筆「和歌色紙」なども見られ、古筆は合わせて8点の出品。
 
 
 僧侶の書としては、同館が誇る虎関師錬「墨蹟法語」(重文)や、清拙正澄「墨蹟七言」ほかの、固有の奔放雄勁な筆致が見どころの禅林墨跡など9点が出品されている。
 
 
 問い合わせ等は、筍娃沓苅押升苅機升娃毅毅監唄曚悄
 
 
◆「書の美術」出品一覧

▽古筆切=佐竹本三十六歌仙絵断簡・小大君像、源氏物語浮舟帖(以上重文)、桂本万葉集断簡、和漢朗詠集断簡、伊勢集断簡、小倉色紙「天の原」、新古今集和歌色紙、観世流謡本藍染川

▽装飾経典=一字蓮台法華経(国宝)、一字宝塔法華経「巻第二」、同「巻第六」、一字蓮台法華経「如来神力品第二十一」、同「嘱累品第二十二」(以上重文)、妙法蓮華経断簡「太秦切一紙」、同「戸隠切二紙」、写経切「法華経従地湧出品第一五」、同「大般若波羅蜜多経巻第四十一初分般若行相品第十之四」、紫紙金字経切、装飾経切、経巻切、装飾経断簡、伊勢物語下絵梵字経

▽僧侶の書=墨蹟法語(重文)、墨蹟七言、墨蹟傑堂号、墨蹟七言絶句、鄭沢尺牘、日重書状、日乾書状、妙覚寺日允書状、両部別録

▽天皇・公家の書=花園天皇宸翰断簡、尊円親王歌切、洞院公賢書状、後崇光院筆新捨遺和歌集断簡、三条西実隆書状、後奈良天皇宸翰御神号、近衛信尹書状、後陽成天皇御神号、正親町天皇新春賀札、秀歌覚書

▽武家の書=源義経書状、足利尊氏自筆御神号、足利尊氏寄進状、足利義詮寄進状、足利義満書状、大内義隆書状、六角定頼書状、松永久秀書状、豊臣秀吉髻書状、明智光秀書状、石田三成書状、前田利家夫人書状、古田織部書状「おひゃく宛」、同「織田有楽宛正月二十七日」、織田有楽書状、小堀遠州書状、片桐石州書状、稲富流鉄砲伝書




(書道美術新聞 第976号1面 2012年月15日付)


関連する記事

印刷用ページ 

キーワード検索
書道段級取得−《書統》
書統'17 9月号
楽しく書道を学ぶ雑誌
21世紀の書道をリードする新構想の競書誌です。

[⇒詳しく見る]
全国有名筆墨業者一覧

◎埼玉

◎東京

◎滋賀

◎京都

◎大阪

◎奈良

◎広島

◎沖縄

▽関連するキーワードで検索する
[お問い合わせ] Tel 03-3462-5251(代表)
株式会社 萱原書房/美術新聞社  〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町29-35 ヴィラ桜ヶ丘ビル7F[アクセスを表示]
Copyright (c) 1999- KAYAHARA PUBLISHING INC.,JAPAN All right reserved.