(1)      (昭和51年6月7日第三種郵便物認可)美術新聞社報 平成29年(2017) 11月23日(木曜日)
書道美術新聞【1面】
24年度版中学校 「書写」教科書出揃う
掲載日: 11年04月15日
書道美術新聞【1面】

6社版の新中学校用「書写」教科書大日本図書、新参入
日本文教出版撤退
6社版の“検定合格”発表


 文部科学省は3月30日、24年度から全国の中学校で使われる新教科書の検定結果を公表した。
 
 今春から使用が始まった小学校用教科書に続き、「ゆとり教育」からの脱却を打ち出して改訂・告示された20年版新学習指導要領に基づいて編集された新版教科書に対する検定で、各社はそれぞれに前回の10年版学習指導要領に伴う現行版の発行以来10年ぶりの本格改訂を行っており、「書写」では出版6社から1年用と2・3年用の2分冊の4社版と、1〜3年用の1冊本の2社版の合わせて6種10点が検定申請され、すべて合格している。
(本紙3面に各社版に対する文科省の検定意見等一覧掲載)

 ◇ ◇ ◇

 今回、検定を申請した出版社数は従来通り6社(10年前の大改訂時は8社体制、その後2社が撤退)だが、その陣容を従来と比べると、平成20年に会社整理した大阪書籍版を引き継いできた日本文教出版が撤退し、代わって大日本図書が新参入していることが目を引く。


 検定に合格した各社版とも、「脱ゆとり教育」を目指して授業時間数増や学習内容の強化が図られた新学習指導要領の理念に沿い、先行する小学校「書写」の新動向をも踏まえた内容の改善、強化に取り組んでおり、各社はそれぞれに「文字の大きさや配列についての意識強化」、「行書の基礎的な書き方に重点」、「目的に応じた書体の選択」、「身の回りの多様な文字に関心を持ち、効果的に文字を書く意識を高める」等々と、書写能力の向上と、その能力を日常的な学習や生活に役立てる態度を育てる工夫などに意を注いだ編集内容をアピールしているが、こうした取り組みを反映して多くの社が増頁を行っており、なかには30数頁もの増頁を行ったケースもあって、平均では10パーセント強の増頁となっている。


 また、今回の改訂では、教員側の視点からは学年の枠を超えた学習指導の円滑化や、生徒にとっては前学年での学習事項の確認、知識・技能の確実な定着に資する狙いなどから「3学年分の1冊化」を図った教科書が登場(2社)したことも特筆される。


 なお、文科省の発表によれば、今回の「書写」教科書の検定に当たって申請本の不備や欠陥を指摘した「検定意見」は、別項の表に見る通り新参入の大日本図書版では100件を超えたが、他の5社版では光村図書が3件、教育出版が17件、東京書籍が4件、学校図書が10件、三省堂が7件の合せて41件で、平均では1社8件に留まっている。

 これは、10年前の大改訂時の、いずれも従来から中学校用「書写」教科書を手掛けてきていた8社版で平均1社23件だったことを考えると大幅に少なくなっており、各社とも今回はとりわけ入念な編集を進めたことがうかがわれる。


 これらの教科書は今年5月以降、全国の教科書センター等でそれぞれ今夏の採択商戦に向け、申請本・検定意見・見本本が一般公開されることになっており、東京では5月23日から6月30日まで、東京・江東区千石1丁目の教科書研究センター(筍娃魁升毅僑娃供升苅械隠院砲嚢圓錣譴詬縦蠅箸覆辰討い襦



(書道美術新聞 第959号1面 2011年4月15日付)


印刷用ページ 

キーワード検索
書道段級取得−《書統》
書統'17 9月号
楽しく書道を学ぶ雑誌
21世紀の書道をリードする新構想の競書誌です。

[⇒詳しく見る]
全国有名筆墨業者一覧

◎埼玉

◎東京

◎滋賀

◎京都

◎大阪

◎奈良

◎広島

◎沖縄

▽関連するキーワードで検索する
[お問い合わせ] Tel 03-3462-5251(代表)
株式会社 萱原書房/美術新聞社  〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町29-35 ヴィラ桜ヶ丘ビル7F[アクセスを表示]
Copyright (c) 1999- KAYAHARA PUBLISHING INC.,JAPAN All right reserved.