(1)      (昭和51年6月7日第三種郵便物認可)美術新聞社報 平成30年(2018) 5月21日(月曜日)
書道美術新聞【1面】 > トップ記事
上野三碑”世界遺産”登録
掲載日: 17年11月15日

日本最古碑に犁啗
ユネスコ発表
「朝鮮通信使」も決まる

 国連の教育科学文化機関(ユネスコ)は10月30日、今日の群馬県内に残る日本最古の石碑群「上野三碑(こうずけさんぴ)」を新たに「世界記憶遺産」に登録すると発表した。今年の同遺産への登録では、このほかにも日本関連で日本側の協議会と韓国側文化財団の2組織が共同で登録実現へ向け活動を行ってきた江戸時代の日本・朝鮮間の外交資料「朝鮮通信使に関する記録」についても、同時に決定をみた。

 ◇ ◇ ◇

 上野三碑は群馬県(旧上野国=こうずけのくに)の中南部、現在の高崎市域に残る「山ノ上碑」、「多胡碑」、「金井沢碑」の総称。いずれも、7〜8世紀の飛鳥・奈良時代に建立されたもので、国内に現存する20基足らずといわれる古代石碑中でも、最古に位置づけられている貴重史料。


 中でも最も古いのは「山ノ上碑」で、別名「山名村碑」ともいい、現在の高崎市山名町に所在する高さ約130臓幅約50臓厚さ約50造痢輝石安山岩製の自然石の碑。天武10年(681)の建立とされ、墓標の一種とみなされている。

 最もよく知られた「多胡碑」は高崎市吉井町に所在し、同地近辺に産する牛伏砂岩と呼ばれる花崗岩質の砂岩製の碑。方柱状に加工した碑身に笠石を載せた姿で、碑身は高さ約126臓幅約60臓厚さ約55臓O惰治看(711)の建立とみられ、当時の多胡郡の建郡に関する内容が刻されている。

 金井沢碑も「山ノ上碑」と同じく山名町の金井沢にあり、高さ約110臓幅約50臓厚さ約65造竜雲舒損慨笋亮然石の碑。神亀3年(726)の建立とみられ、この地方の豪族が建てたものであることが読み取れる。

 「山ノ上碑」は、山名町山上谷にある直径15辰留瀛「山上古墳」に隣接して建てられている。

 「辛己歳集月三日記/佐野三家定賜健守命孫黒売刀自此/新川臣児斯多々弥足尼孫大児臣娶生児/長利僧母為記定文也放光寺僧」という碑文が4行53字にわたって刻されており、この碑文から土地の豪族の血筋である放光寺の僧長利が、この墳墓に埋葬された母を追善供養するために建てたことが分かる。

 「多胡碑」は、江戸時代中期の儒者で俳人でもあった高橋道斎(1718〜94)によって全国に紹介されたことで、当時から多くの文人墨客が訪れる名所となっていたといわれる。碑文の書風も、南北朝期の北碑に見られる雄渾な六朝楷書に近く、鄭道昭の書風に通ずると評され、清朝末期に潘存・楊守敬によって編まれた楷書字典『楷法溯源』にも、39字が採用されている。

 「弁官符上野国片 郡緑野郡甘/良郡并三郡内三百戸郡成給羊/成多胡郡和銅四年三月九日甲寅/宣左中弁正五位下多治比真人/太政官二品穂積親王左太臣正二/位石上尊右太臣正二位藤原尊」という碑文が6行80字にわたって刻されており、「弁官局から命令を下す。上野国の片岡郡・緑野郡・甘良郡の3郡から300戸を分けて新郡を作り、羊に支配を任せる。郡の名は多胡郡とせよ」と、和銅4年に多胡郡が新設された時の、朝廷で諸国を所管した役所である弁官局からの命令を記録している。


 ただ、碑文の解釈は未だに定説が固まっていない部分も残っており、特に「給羊」の「羊」字については、長く論争が続いてきている。現在では人名説が有力となっているが、その人名説にも、「羊氏」を半島系の渡来人とする見方があり、「多胡」の「胡」も大陸系の人名由来とする見方がある。

 金井沢碑は、3碑のうちでは最も字数が多く、「上野国群馬郡下賛郷高田里/三家子孫為七世父母現在父母/現在侍家刀自他田君目頬刀自又児加/那刀自孫物部君午足次蹄刀自次若蹄/刀自合六口又知識所結人三家毛人/次知万呂鍛師礒マ君身麻呂合三口/如是知識結而天地請願仕奉/石文/神亀三年丙寅二月廾九日」の、9行112字が刻されている。

 内容的には、大和朝廷が軍事・経済の拠点として全国に置いた直轄領の1つだったこの地を管理する佐野三家(さののみやけ)という豪族が、祖先の供養と子孫の繁栄を祈願したものとみられ、冒頭の「上野国群馬郡」の「群馬」は史上最古の使用例で、県名の由来ともなっている。

   ◇

 なお、「多胡碑」が所在する群馬県高崎市吉井町には、同碑を納める碑亭を中心に「いしぶみの里公園」が整備され、公園内に設置されている多胡碑記念館では3碑の関係資料や3碑のレプリカなどを展示しているが、今回の世界遺産登録を記念して11月から来年3月まで、入場料無料で来館者を受け入れている。
 問い合わせ等は、筍娃横掘檻械牽掘檻苅坑横呼唄曚悄

(書道美術新聞 第1110号1面 2017年11月15日付)


関連する記事

印刷用ページ 

キーワード検索
書道段級取得−《書統》
書統'17 9月号
楽しく書道を学ぶ雑誌
21世紀の書道をリードする新構想の競書誌です。

[⇒詳しく見る]
全国有名筆墨業者一覧

◎埼玉

◎東京

◎滋賀

◎京都

◎大阪

◎奈良

◎広島

◎沖縄

▽関連するキーワードで検索する
[お問い合わせ] Tel 03-3462-5251(代表)
株式会社 萱原書房/美術新聞社  〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町29-35 ヴィラ桜ヶ丘ビル7F[アクセスを表示]
Copyright (c) 1999- KAYAHARA PUBLISHING INC.,JAPAN All right reserved.