≫第22回 全国 “シルバーから/わ・か・ばまで”書道展 作品募集要項


《主旨》


(第21回会場風景と表彰模様)

 全日本書文化振興連盟では、本格化した生涯学習時代に筆墨を友とする多くの方々のための開かれた発表の場として、長年にわたり「全国シルバー書道展」を開催して参りました。

 第21回展を機に、本展を「書道の次世代への継承」に資し、「書道の世代間交流」の場ともしていくことをめざして、「全国〈シルバーから/わ・か・ばまで〉書道展」と改称、新たな出発を致しました。

 そして再スタート2年目に当たる、来たる21年春、以下の通り「第22回・東京展」を開催致します。

 書道を愛し、書道を生きがいとする幅広い世代の方々のご参加をお待ち申し上げます。


主  催

 全日本書文化振興連盟

 「全国爛轡襯弌爾ら/わ・か・ばまで畚馥仕検ε豕展」実行委員会(桑原呂翁委員長)

後  援

 文化庁・東京都・(社)日本書芸院・美術新聞社ほか (申請予定を含む)

会  期

 平成21年3月5日(木)〜8日(日)10時〜18時、最終日17時終了

会  場

 東京芸術劇場5F・展示ギャラリー (東京・池袋駅西口=TEL03‐5391‐2111)

出品資格

 本展主旨にご賛同下さる方  (現在大規模公募展に役員[審査員]出品していない方に限る)

作  品

・書作品に限ります。

・作品は原則未表装とし、主催者において裏打ち、撮影の上、 表装して展示し、お返し致します。

※本格高級表装(軸装)をご希望の方には別途、半切までで別途6,000円にて可(さらに別途3,000円で桐箱に納めてお返しします)。

  〈種別〉(1)漢字 (2)かな (3)漢字かな交じり (4)少字数 (5)前衛書など

  〈寸法〉A・半切タテ使用(タテ136センチ×ヨコ35センチ)

      B・半切2分の1タテ使用(タテ68センチ×ヨコ35センチ)

      C・全懐紙タテ使用(タテ48センチ×ヨコ36センチ以内=半紙含む)

      D〈わかば〉・半紙または児童生徒用書初め用紙

  〈点数〉1人1点

出品方法

 作品には所定の出品票を貼付し、会・教室では出品者の作品を適宜取りまとめ、作品受付デスク(東京展作品受付係〈事務局内〉)へ送付して下さい。

↓クリックすると表示されますので、それぞれプリントアウトしてご利用ください。(現在準備中)

      

作品受付

 平成21年1月20日(火)〜2月10日(火) ※応募、締めきりました

作品展示

 全応募作品を展示します。(なお、遠隔地から出品の方で出品数等、会場壁面の状況に応じて展示日数短縮を了承の方には、作品集を無料贈呈します)

授賞

 審査の結果、優秀作品には大賞、準大賞、レインボー賞、その他の各賞を授与します。

作品集

 全出品作品を掲載した作品集を刊行します。(1冊800円・送料200円)

参 加 費(本展の主旨にかんがみ、世代を超えたお2人のペアによる出品を優遇しています)

出品者の年代1人で出品の場合わ・か・ば世代と2人で出品の場合青壮世代と2人で出品の場合シルバー世代と2人で出品の場合
シルバー世代 10,000円 2人で 10,000円 2人で 18,000円 −−−−−−
青壮世代 10,000円 2人で 12,000円 −−−−−− 2人で 18,000円
わ・か・ば世代 4,000円 −−−−−− 2人で 12,000円 2人で 10,000円

※わ・か・ば世代は中学生以下、青壮世代は高校生〜64歳、シルバー世代は65歳以上とします。

※作品集は1冊800円(出品者送料不要)です。ご希望の方は冊数分の料金を参加費に加算して下さい。

事 務 局

全日本書文化振興連盟(書振連)事務局内 シルバー/わ・か・ば展事務局

〒150−0031 東京都渋谷区桜丘町29−35 美術新聞社内

TEL 03−3462−5251/ FAX 03−3464−8521

 ◇ ◇ ◇

◎詳しい開催要項・出品票等のご請求、お問い合わせは、返信用宛名記入済みの角3号大型封筒に返信用切手(140円)を貼付して同封し、事務局宛にお申し込み下さい。

=============================

 全日本書文化振興連盟

=============================

事務局:美術新聞社 内

TEL03‐3462‐5251(代)

【会    長】桑原呂翁

【副 会 長】石飛博光、高木厚人、辻本邑園、村上俄山

【理 事 長】萱原 晋

【副 理 事 長】岩田正直、小原道城、鈴木啓水