(1)      (昭和51年6月7日第三種郵便物認可)美術新聞社報 令和年10月27日(火曜日)
トップ  >  1167−1
金田石城編著「近現代書家対談集『〇い声□い声』
美術新聞社から出版へ

巨匠・大家40氏の“肉声”
物故・現存の書壇名家網羅 金田氏、“畢生の対話集”

 美術新聞社はこのほど、書家で美術評論家、出版プロデューサーの金田石城氏編による『近現代書家対談集「〇い声、□い声」』の出版に向け、準備に入った。同書は、金田氏がこれまで長年にわたって手掛けてきた書壇の巨匠・有力作家、約二〇〇名とのインタビューから精選した、すでに定稿化されている二五作家との対談に、現在第一線で活躍し、書壇を牽引している代表作家一五名を合わせた四〇作家と、金田氏の狢佻鱈瓩魄貂にまとめた“畢生の対談集”で、現代における書芸術、書文化、書教育を担い、またこれから斯界をめざそうとする若い人々にとっての、必読の一書となるものと思われる。
 現在の計画では、同書は判型はA5判で、四〇作家に各一〇ページ宛、計四〇〇ページの本文と、別にカラーの口絵四八ページを予定。従って、総ページ数は四五〇ページを超える大冊となる見通しで、定価としては、本体二、五〇〇円+税を予定している。
 四〇作家の内訳は、物故巨匠・名家が二二作家、現存の巨匠・大家が一八作家(未定一作家を含む)で、漢字系が二七作家、かな系が一二作家、篆刻一作家。このうち現存作家では、漢字系が一二作家、かな系が五作家、未定一作家となっている。
 収録作家をさらに見ていくと、文化勲章受章者が金子鴎亭、青山杉雨、村上三島、杉岡華邨、高木聖鶴の五氏、文化功労者が安東聖空、手島右卿、日比野五鳳、上条信山、古谷蒼韻、尾崎邑鵬、井茂圭洞(芸術院会員)の七氏、そして芸術院会員の黒田賢一氏、芸術院賞受賞者が松井如流、桑田笹舟、広津雲仙、殿村藍田、小坂奇石、今井凌雪、榎倉香邨、津金孝邦、新井光風、杭迫柏樹、高木聖雨、真神巍堂の一二氏となっており、現存作家各位も受賞直前の有力作家揃いで、まさに絢爛たる顔ぶれ。
 なお、四〇作家のうち二五作家については金田氏がすでにインタビュー済みで、ページ数に合わせて多少改稿が必要なだけだが、一五作家についてはこれからインタビューを行う予定となっていることから、今後の準備作業の進行は「新型コロナ禍」の動向をにらみながら進める計画のため、発売時期は現段階では未定となっている。
 本書に関する問い合せ等は、筺算亜昌飴溶仔鵝掌淨鷂洌譟。藤腺悄算亜昌飴溶算諭照五二一、美術新聞社へ。

【金田石城氏の話】 作品が生まれる背景には、何があるのだろう――。理念、思想、そしてその作家の生き様などが、様々な意匠となって作品に具現しています。それを実感できるのが作家本人の言葉であり、それは、なまじっかな美術評論など到底及ぶところではありません。
 私はかつて、巨匠と呼ばれた西川寧、手島右卿、青山杉雨、日比野五鳳、村上三島など多くの人の作家論を手掛け、それらの人々に直接取材する機会をもったのですが、その折に聴いたそれらの人々の言葉そのものも、ぜひ後世に伝えていくべきだと痛感し、作家論の出版後は幅広く対談集を手掛けてきました。
 そして今、私は改めてこれらの人々の言葉を読み返してみて、これらの先駆者の言葉に、現在書壇の第一線で活躍されている作家の言葉を加え、新たな対談集を編めば、一段と示唆に富む新鮮で貴重な一書になると確信し、美術新聞社の萱原晋氏に提案したところ、ご快諾頂き、この度の快挙となった次第です。

●対談集・収録予定作家一覧

青山杉雨(一九一二〜九三)
赤羽雲庭(一九一二〜七五)
新井光風(一九三七〜  )
安東聖空
  (一八九三〜一九八三)
井茂圭洞(一九三六〜  )
石飛博光(一九四一〜  )
今井凌雪(一九二二〜一一)
宇野雪村(一九一二〜九五)
江口大象(一九三五〜  )
榎倉香邨(一九二三〜  )
尾崎邑鵬(一九二四〜  )
金子鴎亭(一九〇六〜〇一)
上条信山(一九〇七〜九七)
杭迫柏樹(一九三四〜  )
黒田賢一(一九四七〜  )
桑田笹舟(一九〇〇〜八九)
小坂奇石(一九〇一〜九一)
杉岡華邨(一九一三〜一二)
鈴木春朝(一九三六〜  )
高木聖雨(一九四九〜  )
高木厚人(一九五三〜  )
高木聖鶴(一九二三〜一七)
津金孝邦(一九二九〜  )
手島右卿(一九〇一〜八七)
徳野大空(一九一四〜七四)
殿村藍田(一九一三〜〇〇)
仲川恭司(一九四五〜  )
中村伸夫(一九五五〜  )
梅 舒適(一九一六〜〇八)
日比野五鳳(一九〇一〜八五)
平田華邑(一九一四〜九一)
広津雲仙(一九一〇〜八九)
古谷蒼韻(一九二四〜一八)
星 弘道(一九四四〜  )
真神巍堂(一九四三〜  )
松井如流(一九〇〇〜八八)
深山龍洞(一九〇三〜八〇)
村上三島(一九一二〜〇五)
横山煌平(一九四一〜  )
    (50音順・敬称略)  
※4月30日現在/写真敬称略
プリンタ用画面
カテゴリートップ
美術新聞
キーワード検索
書道段級取得−《書統》
書統'20 8月号
楽しく書道を学ぶ雑誌
21世紀の書道をリードする新構想の競書誌です。

[⇒詳しく見る]
全国有名筆墨業者一覧

◎埼玉

◎東京

◎滋賀

◎京都

◎大阪

◎奈良

◎広島

◎沖縄

▽関連するキーワードで検索する
[お問い合わせ] Tel 03-6450-8388(代表) Fax 03-6413-8373(代表)
株式会社 萱原書房/美術新聞社  〒154-0004 東京都世田谷区太子堂2-7-2 リング・リングビルA棟4F[アクセスを表示]
Copyright (c) 1999- KAYAHARA PUBLISHING INC.,JAPAN All right reserved.