風信帖(968)

 11年09月15日 | カテゴリ: ≪風信帖≫

たかが数字、されど数字――。多少でも物ごとを合理的、客観的に考えようとする時には、数字にはやはりそれなりの説得力があるのも事実

▼『レジャー白書』の調査方法が爛優奪板敢梱瓩棒擇蠡悗錣辰燭箸燭鵑法崕馥山萋或邑」の数字が爍験篩、300万人増瓩覆匹箸覆辰討蓮⊇馥山Δ牢遒屬戮なのか、首をかしげるべきなのか、思い悩むところではある。ということで、結局今年も「書道人口」の算出は取りやめにした

▼過去20年以上も同白書を基に蓄積してきた数字があるのだから、適当な係数を掛けてグラフを完成させてもそれなりに紙面は作れるとは思うが、小紙の「書道人口」データは随分とあちこちで引用されているようだから、やはり「適当に」では許されないと判断した。来年版の白書で3年分のデータが揃えば、換算式もキチンと開発して、例の「書道人口グラフ」の掲載を再開しようと思う

▼ということで、今年はネット版の数字にあまり依拠せずに面白い数字の動きはないものかと、目を皿にして過去20年の白書を矯(た)めつ眇(すが)めつして発見したのが、ご覧の「書道参加率」を東日本と西日本で比べてみたデータである。そう、いつの間にか狎捷眦貭祗瓩砲覆辰討い襪里任△襦宗宗

(書道美術新聞 第968号1面 2011年9月15日付)




kayahara.com : 萱原書房・美術新聞社のサイトにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://kayahara.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://kayahara.com/modules/column/index.php?page=article&storyid=82