風信帖・932

 10年02月15日 | カテゴリ: ≪風信帖≫

 今回またまた、「シル・わか展」の出品点数が対前年比で60%増という“明るいご報告”をさせて頂けることとなった。関係各位のご協力の賜物である

▼昨年もいつだったか、小誌《書統》の学生部で春以降、小学校低学年の「新規出品者」の増勢が続いていて、それも過去5年の平均値に対し実に8割増だとご報告した記憶がある。小誌《書統》の「学生部全国展(誌上)」も、予想を大きく超える800点の出品で嬉しい悲鳴ともどこかで書いたし、そうそう、厚労省の「縦断調査」で「小学1年生の習字履修率が11・4%」という報道をしたのもつい最近である

▼こうした元気の出るデータの裏には、多くの方の血のにじむような努力があることはいうまでもないわけだが、それにしても、なにか風向きが変わりつつある気がしないでもない。NHKの連続ドラマも話題になったし、近く「書道ガールズ」なる女子高生映画も封切とか

▼いやー、各々方、楽しみな流れになりつつありますなあ。おっと、新聞がそんな手放しになっては…。6.3→7.0→6.0→4.6→5.2→6.2、こんなデータもあることをお知らせしておこう。夜8時台のゴールデンタイムに放映された「とめはねっ!」の全6回の視聴率である。立派? もの足りない?


(書道美術新聞 第932号1面 2010年2月15日付)




kayahara.com : 萱原書房・美術新聞社のサイトにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://kayahara.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://kayahara.com/modules/column/index.php?page=article&storyid=46