≪風信帖≫915

 09年05月15日 | カテゴリ: ≪風信帖≫

 われらが西林昭一先生の『中国書道文化辞典』が、ついに成った。書道界も学界も今後どれほど恩恵を受けるか、計り知れないと思う
▼そしてこの際、著者の西林さんに喝采を送るのはむろんだが、同時に、この時期に出版を引き受けた書肆の柳原喜兵衛氏にも感謝し、こぞって販路拡大に大いに協力しなければなるまい。なので、不肖美術新聞社もこの際、本紙に全面広告を1回、無償提供させて頂くことにしよう―

▼西林氏が「書道史辞典」を書き始めたという話を耳にしたのは、5年ほど前だと思うが、それも8,000項目の大辞典と聞いて、その壮挙に目を見張ったのだった。驚きには2つの理由があり、まずは同じく一人執筆の類書、中西慶爾氏の『中国書道辞典』について著者が「40余年にして成った。40年は長かった」と述懐していることを知っているからで、この点は西林も「あとがき」で「執筆途中で命が絶えれば」等と縷々述べている

▼もう一つは、実はその時期が書学書道史学会が“40人掛り”“5年掛り”で編んだ『書道史〈年表〉事典』が何とか目鼻のつきかけていた時期で、この僅か500項目余の『事典』で大汗をかいていたからである。とにかく、西林さん、お疲れさま!くれぐれもご自愛を!

(書道美術新聞 第915号1面 2009年5月15日付)



kayahara.com : 萱原書房・美術新聞社のサイトにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://kayahara.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://kayahara.com/modules/column/index.php?page=article&storyid=29