風信帖(1128)

 18年09月01日 | カテゴリ: ≪風信帖≫

 今年の『レジャー白書』が発表された。それから算出した狃馥賛邑瓩錬苅坑伊人で、同白書の過去30年余りの歴史(?)上では初めて500万人を割り込んだ―

▼とにかく、2009年に同調査が、それまでの「住民基本台帳利用・層化二段無作為抽出法による3,000人に対する訪問調査」から、調査会社にモニター登録している人を単に性別・年代構成比で選び出して対象にするインターネット調査になってデータの信頼度は大幅に低下したから、本紙上での扱いも縮小の一途である(笑)

▼だが、今回の白書では、ちょっと目に留めた記事がある。「余暇活動の日中比較」と題するコラムで、これもインターネット調査なので、それなりの結果と思っていいものだろうが、それによると、上海人の余暇活動は、狄邑瓩鬚呂犬出すのに使える「参加希望率」ではどの種目も「日本と相関関係が見られた」(参加率と潜在需要の合計では類似)とか。ところが、こと「書道」については上海人の方が狎在需要瓩凌値がかなり高く、上海での40種目中5番目だという

▼ということは、つまり「書道」の参加率は日本のほうが上海より断然上らしいのが、まあ、「ほんまかいな」というコメントを付けて、ご紹介しておく。

(書道美術新聞 第1128号1面 2018年9月1日付)




kayahara.com : 萱原書房・美術新聞社のサイトにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://kayahara.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://kayahara.com/modules/column/index.php?page=article&storyid=256