風信帖(1126)

 18年07月15日 | カテゴリ: ≪風信帖≫

 東京五輪・パラ大会に向けての東京都による猜顕重イベント瓩諒臀犬紡个靴董◆崕馥察殖横娃横或妖検廚鮹羈砲箸垢觸馥惨愀献廛蹈哀薀爐魃募した件については、先に「20件程度の募集枠に2,000件を超える応募があったらしい」と、多少悲観的な中間的報告をさせて頂いたが、このほど狄該嵯覯稔瓩亡悗垢詈現颪届いた

▼「第一次審査の結果について(通知)」と題する同文書によると、まず「本企画公募については、国内外から2、436件にも及ぶ多数の応募があった」とあり、「東京都が主催する事業として審査を行った結果、貴企画は採択に至らなかった」とある

▼ただ、それではどんなプログラムが「一次審査」をパスし、採用されたのかには全く触れていないから、「残念な結果でしたね」と相づちを打つしかないのだが、とは言え全く期待してなかったといえば、ウソになる

▼この企画には、平昌冬季五輪記念のソウル展を受けての「日中韓三国代表作家展」や、「世界の文字・1字1語展」(仮称)といった野心的な構想をセットし、それなりに説得力がある企画と考えていたから、「一次で落選とは」…、なのである。まあ、最大の狙いは会場問題だったので、これから狄卦まき直し瓩任△襦

(書道美術新聞 第1126号1面 2018年7月15日付)




kayahara.com : 萱原書房・美術新聞社のサイトにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://kayahara.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://kayahara.com/modules/column/index.php?page=article&storyid=254