風信帖(1111)

 17年12月01日 | カテゴリ: ≪風信帖≫

 東京五輪・パラ大会まで、「残り1、000日を切った」と、組織委員会が爛ウントダウン瓩北起になっている。韓国・平昌での冬季大会までは、もう僅か70日である

▼この平昌五輪を記念して来年の2〜3月にソウルで開かれる、我が書壇からも25作家にご協力いただく日・中・韓3国の計75作家による「代表作家展」も、漸く作品が揃い、この4日に筆者がANA便を使ってソウルまで運ぶ予定である。ただ、お預かりした作品には折り畳めないものもあり、旅客機で運ぶにはエコノミーも、ファーストクラスも関係なく「3辺の和が292造鯆兇┐襪發里蓮荷物として受け入れられない」と言われ、何しろ3叩■喚辰箸いβ膾遒多いだけに苦慮している

▼話は変わるが、以前からことあるごとに、東京での夏の大会に「書道」の文化イベントをぜひやりたい、やらねば、と書いたりしゃべったりしてきているが、美術新聞社としての爛魯蕕鼎發雖瓩呂發Ω任泙辰討い襦すでに展名を「ブランド」として守るために特許庁に登録の手続きも終えているので、近々公表しようと思っているが、相当大仕掛けのイベントになりそう。何とか全書壇のご協力を得て、記念碑的な祭典にできればと思っている。

(書道美術新聞 第1111号1面 2017年12月1日付)




kayahara.com : 萱原書房・美術新聞社のサイトにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://kayahara.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://kayahara.com/modules/column/index.php?page=article&storyid=239