風信帖(1073)

 16年04月01日 | カテゴリ: ≪風信帖≫

 今をときめく女優のことだから、これはさしずめ、「書写・書道」の大事さを子供たちに身をもって示そうと、きっと「ジャンヌダルク」を買って出てくれたに違いないのである。それは3月18日のことであった
 
▼宮沢りえから、たぶん芸能系のマスコミ各社に宛てて「離婚発表」のFAX連絡が送り届けられたのだとか。FAXの文書自体はワープロだったのだが、一番下に直筆のサインがあったことで、その画像がネットで拡散しツイッターが猜騰瓩靴燭里世辰

▼「宮沢りえの字、がっかりだね」「下手すぎ。小学校低学年並み」「あの字でイメージが下がった」等々と、大変な盛り上がりだった。実際ネット上に氾濫している件の狡症サイン瓩鮓ると、まさしく就学前の倏中さん瓩△燭蠅、全くの見よう見まねで書いたようなアンバランスな字である

▼だが数日たって興奮が収まってくるとツイッターでは、「実は自分も、子供っぽい字でいつも悲しくなる」「きれいな字が書けたら、気持ちいいんだろうね」「ペン字の練習始めようと思う」などと、だんだんと前向きの書き込みが増えてきたのは、そう、りえ女史の深謀遠慮の結果なのではあるまいか。書写・書道界も感謝状くらいは…!

(書道美術新聞 第1073号1面 2016年4月1日付)




kayahara.com : 萱原書房・美術新聞社のサイトにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://kayahara.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://kayahara.com/modules/column/index.php?page=article&storyid=201