風信帖(1060)

 15年09月15日 | カテゴリ: ≪風信帖≫

 いよいよ『中国書法史』の発刊が、秒読み段階となった。小冊とはいえ、7巻から成るシリーズ本として、ほぼ一年掛かりで刊行に取り組む本書の出版計画は、小社にとっては相当な大事業となるが、30年来の旧友でもある著者の鍾氏との約束が果たせることも、格別嬉しい

▼「書道史の本が売れたためしはない」といわれる狃馥山Δ両鐚鵜瓩鯤い掘何とか倏笋譴觸馥算砲遼椨瓩鮑遒蹐Δ函企画を練りに練ってようやく出版に漕ぎ着けたものだけに、小社としては、今後これ以上のものは造れないとも自負する自信作ではある。どうか、幅広いご支援をお願い申し上げたい

▼第1回配本は11月半ば頃になると思うが、それからほどなくの、11月26日から12月3日の予定で西安から鍾明善氏を招き、同28日に東京都内で「出版記念会」と「記念講演会」を催す計画を進めている

▼まだ場所が確保できていないので発表できず申し訳ないが、足場のいい都内を予定している。記念講演のテーマは「中国書法史の最新知見」(仮称)と題し、本邦未公開、初公開の新出土資料情報をふんだんに聞かせて、いや見せてもらおうという趣向である。そう、著者によるサイン会なんかも計画している。ぜひ、お運び頂きたく!

(書道美術新聞 第1060号1面 2015年9月15日付)




kayahara.com : 萱原書房・美術新聞社のサイトにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://kayahara.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://kayahara.com/modules/column/index.php?page=article&storyid=188