風信帖(1042)

 14年12月01日 | カテゴリ: ≪風信帖≫

 今年の日展(改組新・第1回)五科の徹底検証のため、編集部が粘り強く取材と調査を続けているが、作業はことのほか難航している。たとえば、日展事務局にある県からの応募の有無を問い合わせたが、答えられないとの回答だった。なぜ秘密なのか、理解できない。

▼これまでの取材の結果、今回展では、書壇の有力な先生の会派でも入選者ゼロとか、それに近いケースがあること、完全無所属といえるらしい入選者がいること、大東文化大の学生が6名も新入選していること、篆刻の入選作で落款の文字に疑問のあるものが含まれていること、等々といろいろ狆霾鶚瓩砲論椶靴討い襪、なかなか捗らないのが入選者の所属会派調べである

▼従来だと爐匹Δ靴討睇毀性瓩呂擦い爾た堯鵑硫爾諒に留まるのが常だったのだが、今年はまだまだ、とてもそこまで達しない。これは一つには、今年はかなりのベテランでも落選した人が少なくなく、その一方でベテランの弟子といった層から結構入選者が出ているので、落選した自分の先生に気がねして回答を保留する人が少なくない、という事情も分かってきている

▼そういうことなら、会派調べの難航などは今年の改革が奏功した証ともいうことが出来る訳だが、さて――。

(書道美術新聞 第1042号1面 2014年12月1日付)




kayahara.com : 萱原書房・美術新聞社のサイトにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://kayahara.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://kayahara.com/modules/column/index.php?page=article&storyid=170