風信帖(1024)

 14年02月15日 | カテゴリ: ≪風信帖≫

 あの元首相2人の臆面のなさは、プラスに働くのか、はたまたマイナスか――。テレビに大写しされたメッセージを、いささか憂鬱な気持ちで見ていたのは、私だけだろうか...
▼そう、あの都知事選の翌日の、落選したご乱心元総理が記者会見のカメラの前で掲げて見せた、かのワンイシュー元総理の「残念な結果ですが…」云々という手書きメッセージのことである

▼むろんプラスというのは、「あなたも偉くなったとき、あんな字しか書けないと恥ずかしいでしょ、真面目に書道塾に行くのよ」と、わが子を諭してくれた母親が多いに違いないという思いであり、マイナスはむろん、「あんなに偉い人でも、あんな字書いてるんだから、書道塾なんかいいや」と、子供にタカをくくらせるんじゃないかという思いである

▼それにしても、日本の政治家の字の下手さ加減は民度の反映と言わざるを得ないので、ここで1つ提案をする。選挙のたびにムダの象徴のように思うあのポスター掲示板、あれに貼るポスターはオール手書きの原稿を印刷したものに限るとでもしたらいいと思う。選挙民が、「こんな字しか書けないのじゃあ、品性問題ありね」と投票を控えれば、選良のセンセイたちもきっと、競って書道塾の門を叩く―

(書道美術新聞 第1024号1面 2014年2月15日付)



kayahara.com : 萱原書房・美術新聞社のサイトにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://kayahara.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://kayahara.com/modules/column/index.php?page=article&storyid=151