(1)      (昭和51年6月7日第三種郵便物認可)美術新聞社報 平成29年(2017) 11月24日(金曜日)
≪風信帖≫
風信帖(969)
投稿日時: 11年10月01日

 日赤などに寄せられた大震災の被災地への義援金、数千億円がうまく被災地へ流れていないという話は、一時期随分ニュースになったが、その後はどうなのだろう

▼確か、あちこちの義援金の窓口口座も、「9月末までは手数料なしで送れます」とか宣伝していたが、ということは10月からは有料になったのか、それとも口座自体が閉鎖されたのだろうか。とにかく、「人のうわさも75日」だから、義援金の拠出も急速に細ってきているのは確かだろう。そこで美術新聞社では、この9月末から10月初めに銀座の東京セントラル美術館で開催している「《書統》全国展」に、「大震災の被災地に心を寄せる特別コーナー」を設け、「義援金募金箱」も置いて、「被災地を忘れないで」と呼びかけている。反響は大きく、前半の3日間で3万円を超える募金が集まっている

▼これは以前にも本欄で「課題」として提起したことだが、書道界としても展覧会の場などを通じて、こうした被災地支援の「募金活動」を息長く続けていくことを提案したいと思う。そして集めた募金を、被災地の書道界支援、業界支援等に直接向けられれば、書道の将来にとっても大きな意味があると思う。この件について、ぜひ書道界各位にご相談したいのだが――。

(書道美術新聞 第969号1面 2011年10月1日付)


この記事に関連した記事

印刷用ページ 

キーワード検索
書道段級取得−《書統》
書統'17 9月号
楽しく書道を学ぶ雑誌
21世紀の書道をリードする新構想の競書誌です。

[⇒詳しく見る]
全国有名筆墨業者一覧

◎埼玉

◎東京

◎滋賀

◎京都

◎大阪

◎奈良

◎広島

◎沖縄

▽関連するキーワードで検索する
[お問い合わせ] Tel 03-3462-5251(代表)
株式会社 萱原書房/美術新聞社  〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町29-35 ヴィラ桜ヶ丘ビル7F[アクセスを表示]
Copyright (c) 1999- KAYAHARA PUBLISHING INC.,JAPAN All right reserved.