(1)      (昭和51年6月7日第三種郵便物認可)美術新聞社報 平成29年(2017) 11月19日(日曜日)
≪風信帖≫
風信帖・934
投稿日時: 10年03月15日

 最近、ある教育研究集会に招かれて短い講話をしたのだが、その前に教室で公開授業を参観する機会があった。当然講話では、その時に気づいたことを話題にした
 
▼「公開授業を拝見して感じたことの一つが、筆や鉛筆の持ち方がよくないということです。多くの子供たちが、指導書などでは好ましくないとしている持ち方をしていました」、「毛筆も鉛筆と同じ持ち方、いわゆる鉛筆持ちに寝かせて持っている子供が目につきました」、「それと、最近OLなどがボールペンを持つときの人差し指を親指で押さえ込む持ち方。あれが子供たちの間でも蔓延しているのに驚きました。なんと、毛筆まであの持ち方をしている子がいました」、「しかし、そういう持ち方でも書いている文字そのものは、全く問題がない。ということは、正しく整った字が書ければ、持ち方についてはあまり厳しくいわないというのが、今の学校のご指導方針なのでしょうか」――

▼高等学校での「書道」の授業を、まず筆の持ち方から始めなければならない、という嘆きの声が聞かれるようになって既に久しい。もしその要因の一つが、こうした小・中学校における書写授業の「結果オーライ」精神のせいだとすれば、やはり由々しきことではあるまいか。

(書道美術新聞 第934号1面 2010年3月15日付)


この記事に関連した記事

印刷用ページ 

キーワード検索
書道段級取得−《書統》
書統'17 9月号
楽しく書道を学ぶ雑誌
21世紀の書道をリードする新構想の競書誌です。

[⇒詳しく見る]
全国有名筆墨業者一覧

◎埼玉

◎東京

◎滋賀

◎京都

◎大阪

◎奈良

◎広島

◎沖縄

▽関連するキーワードで検索する
[お問い合わせ] Tel 03-3462-5251(代表)
株式会社 萱原書房/美術新聞社  〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町29-35 ヴィラ桜ヶ丘ビル7F[アクセスを表示]
Copyright (c) 1999- KAYAHARA PUBLISHING INC.,JAPAN All right reserved.