(1)      (昭和51年6月7日第三種郵便物認可)美術新聞社報 平成29年(2017) 10月22日(日曜日)
≪風信帖≫
≪風信帖≫924
投稿日時: 09年10月15日

「シルバーは、70歳以上」――。書振連が打ち出したこの“新基準”は、歓迎されそうな気がする
 
▼「シルバー」年代を何歳からとするのが妥当かは悩ましい問題で、書振連が20年前に「全国シルバー書道展」を設計した際も、役所などにも照会して、「概ね60歳以上の定年退職者層」というのが“社会通念”との共通認識に達し、「シルバー展」も“60歳以上”の年齢制限を掲げてスタートしたのだった
 
▼しかし当初から、「60歳=シルバー」には抵抗感が強かった。80過ぎのご婦人にまで、「シルバーの名前が変わったら出します」などと、散々だった。その後、「シルバー展」で長年連携してきた関西の日本書芸院が先に「65歳以上」を打ち出したのに書振連も追随したのだが、今回は書振連が先鞭をつけることになった
 
▼ただ、「シル/わか展」にとっては、「おじいちゃん、おばあちゃんと孫」という組み合わせで考えるなら、70まで引っ張らなくても余り支障はなさそうに思えるが、さにあらず。晩婚化も急速に進んでいるし、お年寄りもみんな若い!“書道の明日”のためには、「シルバー前&わかば」の意味での「シル/わか」さんいらっしゃいです! というノリにもっていきたいわけなのだ。
 
(書道美術新聞 第924号1面 2009年10月15日付)


この記事に関連した記事

印刷用ページ 

キーワード検索
書道段級取得−《書統》
書統'17 9月号
楽しく書道を学ぶ雑誌
21世紀の書道をリードする新構想の競書誌です。

[⇒詳しく見る]
全国有名筆墨業者一覧

◎埼玉

◎東京

◎滋賀

◎京都

◎大阪

◎奈良

◎広島

◎沖縄

▽関連するキーワードで検索する
[お問い合わせ] Tel 03-3462-5251(代表)
株式会社 萱原書房/美術新聞社  〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町29-35 ヴィラ桜ヶ丘ビル7F[アクセスを表示]
Copyright (c) 1999- KAYAHARA PUBLISHING INC.,JAPAN All right reserved.