(1)      (昭和51年6月7日第三種郵便物認可)美術新聞社報 平成32年(2020) 7月15日(水曜日)
≪風信帖≫
萱原(かやはら)晋のコラム(風信帖/癸隠隠僑院
投稿日時: 20年05月01日

東博が入館料値上げ!

爛Ε錺記瓩麓にしていたが、これほどとは----。東博が入館料を四月から一、〇〇〇円(一般・個人)にすると発表した。現行は六二〇円だから、何と六割超という大幅値上げである▼そして館側ではこの値上げは「来館者サービスの向上」のためと謳い、これにより「展示解説の充実」「新感覚の展示の拡大」「庭園の整備」「休憩スペースのリニューアル」などに一斉に着手すると表明している。しかしこれでは、これほどの大幅値上げの説明には到底なるまい▼本音はむろん後段の、「貴重なコレクション」を次代に継承できるように「財務基盤を整備」というところにあるのだろうが、しかし今を営々と生きる庶民(入館者)に「次代のため」の負担を求めるのは、やはり限度というものがあろうし、段階的に引き上げるようなやり方が、経済原理というものだろう▼おそらくは、東博がこうして先陣を切り、少し遅れて国立他館も続々と追随する目論見に違いない。それも「東博は六割、当館は四割」などという戦術かもしれない。それにしても、政府も政府だ。独立行政法人化で自助努力を促すという政策は、間違ってないにしても、「次代のため」の投資を入館者にかぶせる図式となるのは、やはり間違っていると思う。


印刷用ページ 

キーワード検索
書道段級取得−《書統》
書統'19 11月号
楽しく書道を学ぶ雑誌
21世紀の書道をリードする新構想の競書誌です。

[⇒詳しく見る]
全国有名筆墨業者一覧

◎埼玉

◎東京

◎滋賀

◎京都

◎大阪

◎奈良

◎広島

◎沖縄

▽関連するキーワードで検索する
[お問い合わせ] Tel 03-3462-5251(代表)
株式会社 萱原書房/美術新聞社  〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町29-35 ヴィラ桜ヶ丘ビル7F[アクセスを表示]
Copyright (c) 1999- KAYAHARA PUBLISHING INC.,JAPAN All right reserved.