(1)      (昭和51年6月7日第三種郵便物認可)美術新聞社報 平成29年(2017) 11月22日(水曜日)
≪風信帖≫
風信帖(1109)
投稿日時: 17年11月01日

 今年も日展が開幕した。鳴り物入りで始まった日展改革も、どうやら緒に着いたと見てよさそうに思う

▼美術新聞社は今年も全入選者の所属会派の調査を続ける方針だが、「これは」というような結果が出なければ公表しない方針。昨年も99・3%まで分析を終えたが、公表は見送った。こうした情報の公表には副作用もあるので、書道界の将来にとってプラスかマイナスかを、判断しなければならないと思っている

▼ところで日展では今、五科懇親会での、ある外部審査員のスピーチが話題だ。同氏は今年で2度目の外部審査員だが、その経験を踏まえて「とにかく大変いい審査、透明性のある審査が行われた」とした上で、「もう外部の人間は要らない気がする」、「朝令暮改はいけないが、5回もやればもう必要ないのではないか」と述べた

▼そして続けて、「やはり日展は年に1度の大きな受験のチャンスで、学習のチャンスでもある。学習には反対側に教育ということが必要で、よき師匠の指導がなければならない」、「だが、事前指導がいけないという。これが部外者には、よく理解できない」、「当番審査員との癒着を恐れるのであれば、審査員を非公開にしてしまうのも一案だろう」――。狎は性瓩亮け止め方は、如何?

(書道美術新聞 1109号1面 2017年11月1日付)


この記事に関連した記事

印刷用ページ 

キーワード検索
書道段級取得−《書統》
書統'17 9月号
楽しく書道を学ぶ雑誌
21世紀の書道をリードする新構想の競書誌です。

[⇒詳しく見る]
全国有名筆墨業者一覧

◎埼玉

◎東京

◎滋賀

◎京都

◎大阪

◎奈良

◎広島

◎沖縄

▽関連するキーワードで検索する
[お問い合わせ] Tel 03-3462-5251(代表)
株式会社 萱原書房/美術新聞社  〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町29-35 ヴィラ桜ヶ丘ビル7F[アクセスを表示]
Copyright (c) 1999- KAYAHARA PUBLISHING INC.,JAPAN All right reserved.