(1)      (昭和51年6月7日第三種郵便物認可)美術新聞社報 平成29年(2017) 11月19日(日曜日)
≪風信帖≫
風信帖(1088)
投稿日時: 16年12月01日

 去る10月末、大ニュースが世界を駆けめぐった。AP電だから、文字通り世界的なニュースだったと言っていい

▼今ではスマホでも携帯でも、使わない人は日本人じゃないと言える位、ポピュラーな顔文字やスタンプのルーツの「絵文字」。例の、ハートや破れたハート、笑った顔や怒った顔などの絵文字集は、1999年にNTTドコモが開発して同社の携帯電話に標準装備したものだが、あの初期の絵文字176種のセットを、「MOMA」の愛称で知られるニューヨーク近代美術館がNTTの許諾を取り付け、12月から同館の本館ロビーで展示するというのだ

▼あの絵文字は正真正銘、日本生まれの文化で、海外ではまだあまり普及していない。しかし近年、国際的な記号規格のユニコードがこの絵文字の承認を進め、今では踊ったりするものまで1、800種近い絵文字を国際規格に取り入れている。だから、今後は国際的なメールのやり取りでも、絵文字が急速に普及するのは間違いなさそう

▼MOMAの学芸員は、「絵文字は象形文字や表意文字よりはるか古代からあり、時代を超越した概念」として、今回の犲蔵瓩琉婬舛魘調しているというが、もしかしたら、前衛書に新素材として登場するのも時間の問題?!

(書道美術新聞 第1088号1面 2016年12月1日付)


この記事に関連した記事

印刷用ページ 

キーワード検索
書道段級取得−《書統》
書統'17 9月号
楽しく書道を学ぶ雑誌
21世紀の書道をリードする新構想の競書誌です。

[⇒詳しく見る]
全国有名筆墨業者一覧

◎埼玉

◎東京

◎滋賀

◎京都

◎大阪

◎奈良

◎広島

◎沖縄

▽関連するキーワードで検索する
[お問い合わせ] Tel 03-3462-5251(代表)
株式会社 萱原書房/美術新聞社  〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町29-35 ヴィラ桜ヶ丘ビル7F[アクセスを表示]
Copyright (c) 1999- KAYAHARA PUBLISHING INC.,JAPAN All right reserved.