(1)      (昭和51年6月7日第三種郵便物認可)美術新聞社報 平成29年(2017) 11月21日(火曜日)
≪風信帖≫
風信帖(1040)
投稿日時: 14年11月01日

 日展が、開幕した。これほど世間的に注目を浴びながら日展が開かれたことは、少なくとも近年、平成になってからはなかったのではあるまいか

▼五科の作品搬入は案の定減ったが、一説には3、000点減とする見方もあったことを思えば大健闘で、この2、000点を埋めたのは狄携惰者瓩任呂覆いと思われる。もしそうだとすれば、まだ日展に一定の関心を抱いている層が動いたと見ることもでき、漢字部門の減少が小幅だったことはその証左かもしれない。これは、歓迎すべきことだと思う

▼開幕した五科の会場に、今回の一連の騒動で名前の挙がった顧問の作品が見られない。顧問は日展を退会したわけではないのに、なぜ作品がないのかと、素朴な疑問を抱く向きも少なくないようだ。これについては、顧問の作品は出品されたのだが、所管官庁が難色を示したため日展側が犲主規制した瓩箸いΡ修もっぱらである

▼仮にもしそうなら、これは頂けない。所管官庁も、根拠があってそうした容喙(ようかい)をしているのなら、そこをハッキリさせるべきではなかろうか。もしそうでないなら、「推定無罪」の原則に立つべきだろう。このままでは日展も、「幕引きを急いでいる」と痛くない腹を探られかねまい。

(書道美術新聞 第1040号1面 2014年11月1日付)


この記事に関連した記事

印刷用ページ 

キーワード検索
書道段級取得−《書統》
書統'17 9月号
楽しく書道を学ぶ雑誌
21世紀の書道をリードする新構想の競書誌です。

[⇒詳しく見る]
全国有名筆墨業者一覧

◎埼玉

◎東京

◎滋賀

◎京都

◎大阪

◎奈良

◎広島

◎沖縄

▽関連するキーワードで検索する
[お問い合わせ] Tel 03-3462-5251(代表)
株式会社 萱原書房/美術新聞社  〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町29-35 ヴィラ桜ヶ丘ビル7F[アクセスを表示]
Copyright (c) 1999- KAYAHARA PUBLISHING INC.,JAPAN All right reserved.