(1)      (昭和51年6月7日第三種郵便物認可)美術新聞社報 平成29年(2017) 11月18日(土曜日)
≪風信帖≫
風信帖(884)
投稿日時: 08年01月15日

 1958年の春の初めての「日本書道代表団」の訪中以降、半世紀もの間これほど親密な交流を続けながらも、先方の情報は常に断片的で、なかなかその「全身像」や「肉声」に接することが出来なかった中国の書法界。それが突然、霧が晴れた――。高氏の講演を聞いた人たちの共有した実感だった...

▼抄録でもこのボリュームなのでなかなか紙面が確保できず、年が明けて漸くご一読頂ける運びとなったわけだが、それにしても公職にある氏が「個人的な印象」と断りつつもここまで踏み込んで話せた背景には、氏自身もいうように最近の中国の「民主化の進展」があることは間違いなさそう

▼一方、わが学界や教育界関係者らも、特にその「教育」の現状については、「これほど共通の悩みを抱えているとは知らなかった」「しかし、あの政府の指導力はうらやましい」などと一様に興奮を隠せない表情だが、書壇の先生方はどうだろう。恐らくは“一読三嘆”! 現代においてもなお、「書法」がこんなにも求心力を維持し、社会に存在感を保っているという事実に、「文化の違い」とやり過ごして済むものかどうか。また公募展に対する取り組みや審査の実態、社会的な関心や監視といった面についても、大いに他山の石とせねば…。

(書道美術新聞 第884号1面 2008年1月15日付)


印刷用ページ 

キーワード検索
書道段級取得−《書統》
書統'17 9月号
楽しく書道を学ぶ雑誌
21世紀の書道をリードする新構想の競書誌です。

[⇒詳しく見る]
全国有名筆墨業者一覧

◎埼玉

◎東京

◎滋賀

◎京都

◎大阪

◎奈良

◎広島

◎沖縄

▽関連するキーワードで検索する
[お問い合わせ] Tel 03-3462-5251(代表)
株式会社 萱原書房/美術新聞社  〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町29-35 ヴィラ桜ヶ丘ビル7F[アクセスを表示]
Copyright (c) 1999- KAYAHARA PUBLISHING INC.,JAPAN All right reserved.