北京で有一展

掲載日: 08年08月01日 | カテゴリ: 書道美術新聞【1面】

北京で有一展
代表作含む70点で


「噫横川…」なども出品
9/28から

 井上有一の「心」字をあしらった英・スピード社の新水着「LZR」(レーザーレーサー)を着用した選手たちによる競泳種目の世界記録続出も期待されている北京オリンピックが目前に迫る中、同じ北京の北京今日美術館(北京市朝陽区)ではいま、本格的な井上有一の回顧展の開催準備が進んでいる。

 「日々絶筆行‐井上有一書法展」と題される予定の同展は、今日美術館主催、東京のウナックトウキョウ(海上雅臣主宰)の協力、作品提供で開かれるもので、会期は今年9月28八日から10月17日まで、会場は同美術館。会期前日の27日には、日本からも関係者らが参加して、開幕式と有一作品などを主題とするシンポジウムも予定されている。

 同展に出品されるのは、すべて日本側からの約70点。中には、有一の代表作とされる「噫横川国民学校」や「仏光国師偈」、名高い「貧」字連作、「母」字連作その他の一字書、小品連作の「十牛図」「宮沢賢治童話」などを含んでいる。

 同展に関する問い合わせ等は、筍娃魁檻械毅牽機檻沓娃僑垢離Ε淵奪トウキョウへ。



(書道美術新聞 (第897号) 2008年8月1日版 3面)



kayahara.com : 萱原書房・美術新聞社のサイトにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://kayahara.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://kayahara.com/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=71