当番審査員など決まる

掲載日: 08年02月15日 | カテゴリ: 書道美術新聞【1面】

当番審査員など決まる
(第60回毎日展)


実行委員長、吉田氏
節目展
当番審査員を32名増員

 毎日新聞社・毎日書道会はこのほど、今年の第六十回毎日書道展の運営委員会を開き、同展の実行委員、運営委員、当番審査員、会員賞選考委員等の役員人事を決めた。


 それによると、大きな節目展となる今年の同展の当番審査員は昨年比32名多い、過去最多の184名の大陣容となった。
各部の内訳は、漢字部砧爍械位勝同粁爍械位勝△な砧爍横位勝同粁爍横位勝近代詩文書36名、大字書14名、篆刻7名、刻字8名、前衛書19名。また、会員賞選考委員には、計42名が決まった。


 第六十回毎日書道展の委員、当番審査員などの陣容は以下の通り。

 ◇ ◇ ◇

【実行委員】
▽実行委員長
 吉田成堂

▽副実行委員長・総務部長
 石飛博光

▽審査部長
 菅野清峯

▽陳列部長
 百瀬大蕪

▽運営委員会幹事
 寺田健一

▽各展実行委員長
 辻井京雲(北海道展)、後藤竹清(東北展)、嵯峨大拙(東北仙台展)、青柳志郎(北陸展)、長谷川牧風(東海展)、西野象山(関西展)、大楽華雪(中国展)、小森秀雲(四国展)、吉田成美(九州展)


【当番審査員】
◆漢字砧
小原道城、奥村素紅、山田太虚、小池逢花、増子哲舟、山田鳳仙、西林乗宣、中村雲龍、本堂耿苑、町田玄洞、水田紫峯、柳沢朱篁、赤平泰処、叶澄石、木村朱炎、山田白苑、水川舟芳、春山右涛、石丸雨虹、金井昭堂、天野松塘、川口雄蜂、土屋陽山、前川隆央、福田石峰、湯浅奇峰、織田蘭斎、吉田青雲、桜井慶松、豊平峰雲

◆漢字粁
小林融之、新谷谿雪、渡辺美明、南奎雲、片岡重和、松浦北龍、関口春芳、松野光遠、風間紫泉、小幡太清、中田李■、蓮見光春、堀吉光、秋本耿雨、石原太流、西方純晴、広野梨川、秦硯堂、猪飼閑雲、石川紫水、秋山洋子、池田若邨、作田英嗣、向井三聖、江草和彦、久保田心耀、藤野北辰、貝原司研、浜田尚川、原一哉

◆かな砧
下谷洋子、佐藤桂苑、吉田湘麗、横尾節子、碇玉葉、伊藤泰子、荻原玉汀、嶋渓翠、下田豊子、田向良歌、中村春洸、三宅相舟、横山喜代子、児玉春泉、桟敷東石、当間きよみ、星和子、大島一■、片岡祥雲、池末礼嬉

◆かな粁
安喰のり子、柏谷富美子、石田敬朋、田畔春圭、北川淑子、大立祥玉、宮崎紫光、池野直美、坂本秀翠、山藤美知子、徳野恵美子、楢原萠春、松井玉筝、水田芳美、名和玉芳、荒井青荘、酒井美春、藤沢舟芳、渡辺墨仙、中塚博子

◆近代詩文書
山下亘風、寺田沙舟、浜田堂光、後藤竹清、永守蒼穹、小田川大岳、鈴木不倒、保坂春翔、大多和玉祥、斉藤理舟、竹内幸、奈良尚石、佐久間康之、飯島恵美子、大谷洋峻、後藤俊秋、近藤北涛、佐藤帯雪、柴田雪香、伊奈翠陽、小川対山、小松紅風、岡田雪苑、押田雪峰、安藤滴水、大島緑水、後藤啓太、西野象山、阪口大儒、砂本杏花、寺田白雲、森本子星、北野摂山、斉田香住、矢田照涛、清原大龍

◆大字書
渡辺洋一、田山稔夫、武井竹仙、野口岱寛、小川秀石、鈴木響泉、竹内鳳仙、小浜大明、是永尚志、横山夕葉、小伏小扇、望月虚舟、三浦白鴎、立野松雲

◆篆刻
稲村龍谷、遠藤彊、荒井斉洸、川村玄舟、清水六穂、佐野栄輝、北村鳳仙

◆刻字
鳥山岳風、小山鳳来、中川祐聖、三木翠耿、大和久■月、斉藤瑞仙、薄田東仙、佐野清香

◆前衛書
長沼透石、太田蓮紅、金井如水、板垣洞仙、駒込大巍、滝春芳、田村空谷、中原茅秋、田守光昭、得能新太郎、小林信恵、榎本深、中西浩陽、佐々木劉雲、大楽華雪、上田幸加、清川芭紅、梅木春華、近藤幸成


【会員賞選考委員】
▽理事・監事
飯島春美、石飛博光、大井錦亭、恩地春洋、岸本太郎、貞政少登、菅野清峯、関正人、林竹声、船本芳雲、吉田成堂、米本一幸、渡辺寒鴎、神郡愛竹、仲川恭司

▽漢字
阿部海鶴、小黒五稜、小原道城、中村雲龍、前川隆央、室井玄聳、柳田純一

▽かな
大立祥玉、宮崎紫光、吉田久実子、渡辺墨仙

▽近代詩文書
後藤竹清、辻元大雲、永守蒼穹、長谷川牧風

▽大字書
大野祥雲、小川秀石、中村立強、外山博彰

▽篆刻
稲村龍谷、遠藤彊

▽刻字
斉藤瑞仙、高際翠邦

▽前衛書
井上星峰、中原志軒、浜谷芳仙、原田心龍



(書道美術新聞 (第886号) 2008年2月15日版 2面)



kayahara.com : 萱原書房・美術新聞社のサイトにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://kayahara.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://kayahara.com/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=41