[日展調査委]古谷顧問の関与なかった

掲載日: 14年08月01日 | カテゴリ: トップ記事

日展調査委が犒誅性
第41回展の五科審査疑惑


 日展事務局は今回の会見に先立つ7月10日、ホームページ上に、「古谷顧問の介入はなかった」とする調査委員会の報告をまとめた文書を公表した。
 ◇ ◇ ◇

 これは、昨秋の新聞報道で明るみに出た2009年度の第41回日展五科(書)の不正審査疑惑問題に関連して、五科の顧問古谷蒼韻氏の関与があったかのような報道がなされ、その後の第三者委員会(第一次)の調査報告においても同氏の関与の有無に関しては記載が不明確だったとして、日展が独自に特命の調査委員会を設置し、調査を進めていたもの。


 日展では、同委員会による調査結果として、「当該回の審査員でない顧問古谷蒼韻氏の関与について」は、「同氏の介入はなかった」とする結論が去る6月30日開催の理事会において報告され、承認されたとしている。



(書道美術新聞 第1035号1面 2014年8月1日付)



kayahara.com : 萱原書房・美術新聞社のサイトにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://kayahara.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://kayahara.com/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=365