第44回日展〔五科〕開幕

掲載日: 12年11月01日 | カテゴリ: トップ記事

搬入1万点を維持
大臣賞に今村桂山氏
調和体入選率、再び6%台


 第44回日展が11月2日、東京・六本木の国立新美術館で開幕した(12月9日まで)。
 
 今年の同展五科(書)の搬入点数は10、385点(前年比39点増)、これに対する入選数は前年比7点増の974点で、入選率は9・37%と、ほぼ前年と同水準となった。
 
 これらの入選作に対する審査の結果、別項の10名の特選受賞者が決まったほか、役員・会員作家作品対象の特別賞選考では、最高賞の「文科大臣賞」(評議員対象)に漢字部門の今村桂山、「会員賞」(会員対象)には同じく漢字部門の中村伸夫がそれぞれ決まった。(本紙2、4、5面に関連記事)
 ◇ ◇ ◇

 今年も日展各科の作品は例年通り、国立新美術館の公募展室全室を使用して、1階フロアに一科(日本画)と二科(洋画)の一部、2階フロアに日本画と洋画の一部と、三科(彫刻)、四科(工芸美術)、3階フロアに五科(書)がそれぞれ展示されている。
 
 
 今回展の五科の作品搬入点数は、漢字が3、912点(前年比39点減)、かなが3、887点(同69点増)、調和体が1、892点(同22点増)、篆刻が694点(同13点減)で、総数としては会場を東京都美術館から同館に移して以降の6年連続で1万点超の搬入規模を保った。
 
 部門別の対前年比では、昨年増加を示し漢字、篆刻の両部門が微減となり、これに対して昨年は点数を減らしたかな、調和体の両部門が増加となり、五科全体としては前年を若干上回る結果となった。
 
 
 今年の五科の鑑別・審査と、特選作品の選考は10月12日から17日まで、例年通り東京・池袋のサンシャインシティ・ワールドインポートマートを会場に、新井光風審査主任をはじめとする17名の当番審査員によって行われた。
 
 
 入選作品974点の部門別内訳をみると、漢字が465点(前年比9点増)、かなが326点(同2点増)、調和体が128点(同4点減)、篆刻が55点(同数)となっており、各部門の入選率は漢字が11・88%、かなが8・38%、調和体が6・76%、篆刻が7・92%で、昨年8年ぶりに7%台を回復した調和体の入選率が再び6%台に落ち込んだことが、目につく。
 
 
 今回展の新入選者は157名で、これは対前年比で21名少ない。
 
 新入選者の最高齢は86歳、最年少は22歳、平均年齢は56・8歳となっている。
 
 
 授賞面では、今年文科大臣賞に決まった今村桂山(昭和13年福井県生まれ、師木村知石、五華会理事長、福井県在住。74歳)の作品「竹里館」は、「じっくりと線が沈み、気韻が漂っている。自然な気の流れ、セーブのきいた造形の、奥行き豊かな作」、会員賞に決まった中村伸夫(昭和30年福井県生まれ、師今井凌雪、雪心会理事長、茨城県在住。57歳)の作品「鄭義下碑語」は、「一点一画にみる線の存在感が素晴らしい。線に潤いがあり、深みがあり、生命の躍動と鼓動が伝わる作」と、それぞれ授賞理由が発表された。
 
 
 一方、特選には例年通り10名が決まった。
 
 受賞者のうち明石聴涛、木村通子、沢田虚遊、野田杏苑の4名が2度目、岩村節廬、大橋洋之、川崎大開、中村史朗、平形精逸、吉沢劉石の6名は初の受賞となっている。
 
 受賞者のジャンル別は漢字5名、かな3名、調和体1名、篆刻1名で、この内訳は例年通り。
 
 
 五科の会場には、これらの入選・入賞作品に役員、会員、無鑑査作家らを加えた計1、117点(昨年比2点増)が陳列されているが、このうちかなの勝瀬景流、杉岡華邨の物故作家2名が、遺作展示となっている。
 
 
 なお、今年も五科の展示室数は24室だが、昨年同様、巻子、帖、篆刻用に計72ケース(昨年同)を設置して作品の開帳面積を出来るだけ広げ、また壁面も展示方法に工夫が加えられており、見やすさを考慮した会場設計、陳列方法が好評を呼んでいる。
 
 
第44回日展巡回日程
▽京都展=12月15日〜1月20日/京都市美術館
▽名古屋展=1月25日〜2月11日/愛知県美術館ギャラリー
▽大阪展=2月23日〜3月17日/大阪市立美術館
▽福岡展=3月28日〜4月14日/福岡市美術館
▽富山展=4月27日〜5月19日/富山県民会館美術館
▽青森展=6月15日〜7月7日/青森県武道館



(書道美術新聞 第994号1面 2012年11月1日付)



kayahara.com : 萱原書房・美術新聞社のサイトにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://kayahara.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://kayahara.com/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=274