「毎日書道図書館」、3周年

掲載日: 12年05月01日 | カテゴリ: トップ記事

「蔵書」1万冊超える
個展図録・作品集の収蔵進む


 毎日新聞社・毎日書道会が、「第60毎日書道展」の記念事業の一環として21年4月にオープンした全国唯一の本格専門図書館、「毎日書道図書館」(東京・一ツ橋)がこのほど、開館3周年を迎えた。
 
 この間、蔵書数も関係者の努力や関係各界の協力もあって当初の3千冊足らずから1万冊を超えるまでに拡充をみているが、その一方で開館日が限られていることもあって利用者数は伸び悩み、学生の卒論時期を除くと月間数十人規模ともいわれ、書道界の貴重な「資源」が生かされない状況が続いている。
 ◇ ◇ ◇

 「内外の書道・書学関係や周辺領域の図書を幅広く対象として収集、保存し、学生を含む書道関係者らに広く開放して書作活動や関連する調査・研究に寄与する」ことを目的にスタートした同図書館も、3年経った今では、書道分野では国内有数の蔵書数を誇る規模に成長してきた。
 
 
 特に、近年の個人作品集や個展図録類の収蔵状況には目覚ましいものがあり、同館地下の書庫にはすでに約500名、1,000冊前後の作品集・図録類が収められているといわれる。
 
 それも公募展の系列や所属会派等の枠を超えて近・現代の書人を網羅しつつあるところから、今後この分野で大きな役割を果たしていくものとなりそうだ。
 
 
 同図書館の書庫は毎日新聞社のパレスサイドビルの地下、かつて新聞印刷用の高速輪転機がうなりを上げていたスペースの一角にある。
 
 同新聞社が印刷を全国各地の自社工場や提携工場に分散したことなどもあって同地下に生じたスペースには、巨大な印刷機の重量に耐えた頑丈な床が残っており、東日本大震災時にも1冊の本も棚から落ちなかったというほどで、書庫としては最適な条件を備えている。
 
 もっともその書庫として現在確保している僅か22坪のスペースも、当初は「ここまで使うことはないだろう」と思われていたものだが、近年の蔵書の急増を受け、特に重い物も多い個人作品集・図録類などは地下の閉架式書架に集中的に収納しており、一階の事務室兼閲覧・開架書棚のスペース(14坪)には、漢字、かな、篆刻などの各ジャンルや中国関係の辞典・全集・関係書籍資料類、拓本・剪装本、また法帖類や雑誌類、珍しいところでは明治・大正期の習字教科書などまで、閲覧頻度の高そうなものが幅広く収納されている。
 
 
 ただ同館では、書籍や資料類は現状程度の蔵書規模では当初想定していたデータベース検索に対応する配列等は時期尚早との見地から、開架書棚では大雑把にジャンル別にまとめただけで、分類番号順ではなく本の寸法を揃えて効率よく並べ、利用者が直接書架を探して目当ての書籍等を見つけて閲覧する方式を採っており、利用者にも、自分の書棚のようで使いやすいと好評という。
 
 
 なお、同館では書籍等の寄贈は常時受け付けており、「寄贈するには大きくてキレイなものでないとダメだと思われるみたいですが、書道のような文化的な分野の場合、古い資料の方がかえって貴重のことも多いので、こんな汚れた本、こんなボロボロなものはと思わずに、捨てる前に一度相談して欲しい」(同館司書・麻生真弓氏)と呼び掛けている。
 
 古い資料でも大事なものは、閲覧に耐える状態に補強して書架に並べ、またダブリの生じたものについては被災地等への寄贈なども考えているというが、今のところ被災地からの申し込みの実績はゼロとか。
 
 
 同館に関する問い合わせ等は、筍娃魁檻械横隠押檻横坑隠犬遼萋書道会へ。
 
 

◆毎日書道図書館・個人作品等収集状況

 毎日書道図書館が個人作品集・個展図録を収蔵している作家は、以下の通り。
 
 「青山杉雨(8)」とあるのは、同作家の作品集などが8種収蔵されていることを示す。(50音順)

▽相川鉄崖(1)、相沢春洋(1)、相田みつを(1)、相原雨雪(1)、青木香流(9)、青木志芳(1)、青木大寧(1)、青山杉雨(8)、赤石蘭邦(1)、明石春浦(7)、赤羽雲庭(4)、赤平泰処(3)、秋本耿雨(1)、揚石舒雁(4)、浅田聖子(1)、浅見錦龍(3)、浅見喜舟(4)、東南光(1)、阿曽優子(1)、我妻緑巣(1)、阿部海鶴(1)、新井光風(1)、荒井青荘(1)、荒金大琳(2)、荒木大樹(2)、有野 扇(2)、安藤搨石(2)、安藤豊邨(5)、飯島敬芳(2)、飯島春敬(1)、飯島太久磨(3)、飯田棲山(2)、池谷天外(1)、石井瓔子(1)、石井雙石(2)、石川芳雲(2)、石毛龍泉(2)、石田春窓(1)、石飛博光(5)、石橋犀水(3)、石原太流(1)、板倉花巻(1)、板倉境外(1)、市岡弘(1)、伊東参州(1)、伊藤峻嶺(1)、伊藤神谷(7)、伊藤東海(1)、稲村雲洞(4)、井上秋涛(1)、井上庭柯(1)、井上有一(1)、今田早苗(1)、伊代田抱荷(1)、入江水声(1)、入山東石(1)、岩井春蓉(1)、岩沢■堂(2)、岩本啓子(1)、印南渓龍(1)、上田桑鳩(1)、上松一条(3)、上村五龍(1)、上村泰水(3)、植村和堂(4)、内門律華(1)、内田鶴雲(1)、内山玲子(1)、宇野雪村(10)、宇留野清華(2)、江川蒼竹(3)、江口大象(7)、遠藤枝芳(1)、大網爽園(1)、大井錦亭(12)、大石隆子(1)、大川虚舟(1)、大川清子(1)、大草秀峰(1)、大久保翠洞(2)、大作正子(1)、大沢竹胎(1)、大島■山(2)、大立祥玉(1)、大渓洗耳(5)、大友九波(1)、大野篁軒(3)、大平山涛(3)、小笠原摂燿(1)、尾形澄神(1)、岡村天渓(1)、小川瓦木(2)、小川秀石(3)、小川翠葉(1)、小倉不折(1)、尾崎邑鵬(1)、小沢神魚(1)、押田雪峯(1)、織田蘭斎(1)、小名木東邨(1)、小野桂華(1)、尾上柴舟(4)、小野桂甫(1)、小野寺逢仙(1)、表立雲(1)、折田龍花(1)、折田天蓼(1)、恩地春洋(4)、貝原司研(1)、香川峰雲(2)、柿沼康二(1)、笠原和爽(2)、片根苳雨(1)、加藤玉渕(1)、加藤光峰(1)、加藤松香(1)、加藤湘堂(1)、加藤翠柳(1)、加藤大碩(1)、加藤豊仞(1)、加藤裕(2)、金子鴎亭(12)、金子卓義(9)、金子大蔵(1)、金田心象(3)、金田石城(2)、金満総峯(1)、鎌田紗和(1)、上條信山(5)、紙屋鶴峯(1)、萱沼利子(2)、河井■廬(7)、川内野芳苑(1)、川上清亭(1)、川崎白雲(3)、河田一臼(1)、川谷尚亭(8)、川辺清華(4)、川俣古舟(1)、河村和子(1)、川村驥山(1)、神田清山(1)、岸田大江(1)、北川修久(5)、北川淑子(1)、北野摂山(2)、北畑観瀾(1)、北村春歩(1)、鬼頭墨浦(2)、鬼頭墨峻(1)、城所湖舟(1)、木下正夫(1)、木村恵子(1)、木原江村(1)、木村知石(2)、木村破山(1)、日下部鳴鶴(2)、工藤蘭山(1)、国井誠海(3)、国吉幸舟(1)、久保田心耀(1)、熊谷恒子(7)、倉田晴村(1)、黒田光岳(1)、黒田玄夏(1)、桑田笹舟(1)、桑名鉄城(1)、桑原江南(2)、桑原翠邦(6)、慶徳紀子(2)、小板橋東崖(1)、小暮青風(1)、小坂奇石(4)、越田畦風(1)、小島納言(1)、後藤光邨(2)、後藤竹清(3)、小浜梅窓(1)、小林琴水(1)、小林畦水(4)、小林斗■(4)、小林抱牛(1)、小原道城(2)、小伏小扇(2)、小伏竹村(5)、駒井鵞静(2)、駒崎成峰(1)、小山鳥雲(1)、小山天舟(1)、小山やす子(3)、近藤秋篁(1)、酒井子遠(1)、坂口流石(1)、阪口大儒(1)、作田英嗣(1)、佐久間康之(1)、佐久間良子(1)、桜井琴風(1)、佐々木寒湖(5)、佐々木泰南(2)、笹本扇城(1)、桟敷東石(1)、貞政少登(2)、佐藤桂苑(1)、佐藤大寛(1)、佐藤帯雪(1)、座本大■(1)、沢田大暁(1)、七沢象声(2)、七丈南豊(1)、篠田桃紅(1)、柴山抱海(5)、嶋田彩綜(1)、清水比庵(2)、師村妙石(1)、下谷東雲(1)、下谷洋子(2)、菅井松雲(1)、杉岡華邨(2)、鈴木小江(4)、鈴木翠軒(4)、鈴木竹影(1)、鈴木桐華(9)、鈴木春子(1)、鈴木方鶴(5)、砂本杏花(1)、関正人(1)、関根鳴城(1)、仙場右羊(2)、大楽華雪(4)、田岡正堂(1)、高尾秀嶽(1)、高木聖鶴(1)、高木東扇(2)、高沢大逸(1)、高沢南総(4)、高野早苗(4)、高橋喜久晴(1)、高橋静豪(2)、高橋蒼峰(1)、高橋竹邨(1)、高松蘭雪(1)、高松慕真(1)、竹石古谿(1)、竹内風声(1)、武士桑風(1)、竹田悦堂(4)、田代秋鶴(1)、館迦南(1)、立石光司(2)、田中海庵(1)、田中翠鶴(1)、田中東竹(1)、田中白歩(2)、谷聴泉(1)、谷村憙斎(1)、種植観松(1)、種谷扇舟(5)、玉井敬楚(1)、玉城乾香(1)、玉村霽山(6)、田向良歌(1)、田村空谷(1)、築井桂斎(1)、千葉耕風(1)、千葉蒼庭子(1)、千葉半■(1)、長揚石(1)、千代倉桜舟(8)、津金寉仙(1)、辻勇造(1)、辻井京雲(3)、辻元大雲(3)、土田帆山(1)、土橋靖子(1)、筒井敬玉(2)、続木湖山(2)、坪内雪山(1)、鶴木大寿(1)、弦巻松蔭(5)、出口恵山(1)、手島右卿(9)、寺岡棠舟(1)、東地滄■(3)、徳野大空(1)、兜坂香月(1)、戸田堤山(4)、殿村藍田(3)、富岳凌雲(2)、冨永秋山(1)、友近吾邑(1)、内藤香石(1)、中井史朗(2)、永井幸子(4)、長岡大道(1)、中川一政(1)、仲川恭司(3)、中嶋柴胡(1)、中島司有(4)、中島荘牛(1)、中島邑水(1)、仲田幹一(9)、中台青陵(2)、中塚博子(1)、長沼透谷(1)、中野越南(1)、中野真如(1)、中野北溟(7)、中浜碩堂(2)、中原一耀(2)、中原茅秋(1)、中村雲龍(2)、中村閑葉(1)、中村素岳(1)、中村淳(1)、中村蘭台(6)、那須大卿(2)、名取岱風(1)、楢崎華祥(1)、西川春洞(1)、西川万象(1)、西川寧(8)、西久保翠丘(1)、西島東観(1)、西谷卯木(3)、西野象山(1)、西野玉龍(3)、西原清繁(1)、西村古香(1)、二宮景雲(1)、仁平鳳竹(1)、沼田玉童(1)、野口白汀(2)、能勢紫香(1)、野頭荘雲(1)、野津正樹(1)、野中吟雪(2)、梅舒適(2)、畠山華堂(1)、花沢静邨(1)、浜崎道子(1)、林蕉園(1)、林竹声(1)、林龍峡(1)、原田峻龍(1)、原田歴鄭(1)、比田井天来(7)、比田井南谷(1)、日高伴子(1)、日比野五鳳(5)、平岡朴斎(1)、平勢雨邨(2)、広瀬波山(1)、広田百合子(1)、広津雲仙(2)、福島敬子(1)、福田丞洲(2)、福地桂玉(4)、福成禄水(1)、福原云外(1)、藤井■苑(1)、藤岡抱玉(1)、藤沢赤心(2)、藤沢麦草(1)、藤野北辰(1)、藤原清洞(1)、藤本玄波(1)、二村耀月(1)、船本芳雲(1)、古川哲(1)、豊道春海(3)、堀桂琴(3)、堀雅峯(1)、堀井寛史(1)、本多高陽(1)、前田龍雲(3)、幕田魁心(3)、増子哲舟(1)、増田茅山(1)、町春草(2)、松井如流(19)、松崎秀翠(1)、松崎春川(1)、松下琴舟(1)、松嶋楠城(1)、松田龍子(1)、松丸東魚(9)、松本暎子(2)、松本春子(4)、松本碩之(1)、松本芳翠(2)、松山龍雲(1)、真鍋士鴻(2)、丸山鑾渓(1)、三浦白鴎(1)、三上栖蘭(2)、水川舟芳(4)、水越茅村(2)、水嶋山耀(4)、水野精一(1)、水田芳美(2)、溝口桂園(1)、源川彦峰(2)、南不乗(3)、三宅素峰(2)、三宅相舟(2)、宮崎紫光(2)、宮本竹逕(2)、村上三島(5)、村木享子(6)、村野大仙(1)、室生大韻(1)、最上静山(2)、望月暁云(1)、森高雲(1)、森澄雄(1)、森素香(1)、森田竹華(1)、森本妙子(1)、矢壁柏雲(1)、屋敷東赫(1)、安井喜代(4)、安田靫彦(1)、保多孝三(2)、安間三城(1)、柳碧蘚(1)、柳沢敬素(1)、柳沢朱篁(1)、柳下明雪(1)、柳田泰雲(1)、柳田泰山(1)、矢萩春恵(4)、矢作吉平(1)、山内滴翠(1)、山口由起美(1)、山崎暁子(1)、山崎節堂(1)、山崎大抱(3)、山崎徳堂(1)、山崎灘青(1)、山田五子(1)、山田起雲(1)、山田正平(2)、山田太虚(3)、山本竟山(1)、山本飛雲(1)、山本大広(2)、雍容苑(1)、横山夕葉(1)、横山喜代子(1)、吉川寿一(1)、吉沢秀香(1)、吉田左源二(1)、吉田成堂(1)、吉田苞竹(1)、吉田鷹村(1)、米本一幸(1)、渡部桂弦(1)、渡辺沙鴎(1)、渡辺誠洲(1)、渡辺墨仙(7)、渡辺洋一(1)
(同館の資料から抜枠し、リスト化しました)



(書道美術新聞 第983号1面 2012年5月1日付)



kayahara.com : 萱原書房・美術新聞社のサイトにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://kayahara.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://kayahara.com/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=248