本号の主な記事(265)

掲載日: 89年10月04日 | カテゴリ: 本号の主な記事


1面 天徳寺(東京虎ノ門)、篆刻界の“聖地”に
2面 さいたま1989全国書道展―搬入作品は735点―応募者に戸惑い?
3面 「松本芳翠展」開く―愛媛県美術館10月15日まで
4面 各社シェア・順位安定―中学教科書採択終わる/各社教科書のポイント
5面 グラフ特集―高芙蓉墓碑(東京・天徳寺)
6面 本社主催―第8回(新和様)書展ひらく―線と空間の限界に挑む
7面 出品者座談会―テーマ設定で“問題”提起―「可能性」の限界を考える
8面 北から南から
9面 連載手本―五体千字文―技法講座
10面 書展短信
11面 今週の全国書展案内
13,14面 凌雪篆書千字文61―今井凌雪書/筧洞隷書千字文61―浅見筧洞書/憙斎楷書千字文61―谷村憙斎書/邑鵬行書千字文61―尾崎邑鵬書/蒼韻草書千字文61―古谷蒼韻書


(書道美術新聞 265号1面 1989年10月4日付)




kayahara.com : 萱原書房・美術新聞社のサイトにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://kayahara.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://kayahara.com/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=1095