(1)      (昭和51年6月7日第三種郵便物認可)美術新聞社報 平成29年(2017) 11月22日(水曜日)
書道美術新聞【1面】
近現代”総覧”「物故名家」固まる
掲載日: 09年01月15日
書道美術新聞【1面】

近現代“総覧”「物故名家」固まる
本書(イメージ)
「平成以降編」は140名
物故名家総数は400名規模に
“現存名家”人選進む

 本社創立30周年記念事業の一環として出版計画が進んでいる『日本近現代書道〈名家名作・重要作品〉総覧』(略称「近現代名家総覧」)に収録する2008年までの“物故名家”のリストが、ほぼ固まった。
 
 編集委員会(小野寺啓治、田宮文平両氏と萱原晋本社主幹)が年明けに開いた検討会で決めたもので、それによると委員会が明治初年以降の近現代書道史における「重要作家」としてリストアップしたのは、当初構想段階の3割増となる約400人で、一方第3巻に収録予定の現存作家については、収録規模と範囲についてさらに検討を続けることも決まった。(本紙3面に「物故名家」全リスト)

次の焦点、作品選定に

 今回固まった“物故名家”名簿は、昨年10月に本紙で「第一次名簿」として公表し書道界に広く意見を求めていた第1巻の「明治・大正・昭和戦前編」については96人(第一次名簿で公表の64人を含む)、第2巻の「昭和戦後編」が158人(同76人を含む)、と大幅に拡充し、また第3巻の「平成以降編」についても新たに140人をリストアップしたもので、これにより大田垣蓮月(明治8年没)から武士桑風(平成20年没)までの、合わせて394人の“歴史上の作家”の“名作・重要作品”によって「明治以降の近現代書道史」を俯瞰する“名書全集”を目指そうとする、本書の骨格が固まったといえる。


 リスト作成に当たっては、第一次名簿の発表後に書道界各方面から寄せられた意見等も極力尊重する方向で検討が進められたほか、書もよくして現代書の形成に影響を与えたとされる木戸孝允、伊藤博文等の維新の志士、政治指導者や正岡子規、夏目漱石、森鴎外、川端康成等の文学系作家、中川一政、須田剋太等の画家、また富岡鉄斎や北大路魯山人等々まで新たに幅広くリストアップされ、これにより一般社会に対しても訴求力の大きい“名書全集”がお目見えする見通しとなった。


 “物故名家”部分の名簿確定に伴い、今後の編集作業の重点は、編集委員会でなお検討が続いている“現存名家”についてのリストアップ作業と、これら「名家」の“名作・重要作品”の選定ならびに作品画像の収集作業に移ることになるが、特に作品の画像の収集については引き続き書壇の関係各方面の協力を受けることが不可欠と考えられるところから、本社と編集委員会では、今後も引き続き幅広く協力要請を行うことにしている。


 なお、“現存名家”等のリストアップも2月中には終わる見込みで、決定次第本紙で発表の予定となっている。

 ◇ ◇ ◇

 本書に関する問い合わせ、ご意見・要望等は、〒150−0031東京都渋谷区桜丘町29−35、TEL03−3462−5251、FAX03−3464−8521 美術新聞社内の「総覧」編集部へ。

◆「平成以降編」収録予定・物故名家一覧

伊藤  伸(1938−1989)
宇留野清華(1912−1989)
鴨居  道(1903−1989)
桑田 笹舟(1900−1989)
今関 脩竹(1909−1989)
松本 春子(1900−1989)
生井 子華(1904−1989)
西川  寧(1902−1989)
西村 西洲(1898−1989)
前本 菁竹(1911−1989)
村上 北海(1918−1989)
天石 東村(1913−1989)
藤本 士啓(1923−1989)
広津 雲仙(1910−1989)
阿部 珂山(1913−1990)
阿部 鉄蕉(1912−1990)
金田 心象(1908−1990)
佐々木寒湖(1914−1990)
山田 桃源(1902−1990)
須田 剋太(1906−1990)
柳田 泰雲(1902−1990)
佐藤 祐豪(1905−1991)
山崎 大抱(1908−1991)
小坂 奇石(1901−1991)
深沢 青蓼(1899−1991)
相田みつを(1924−1991)
大岡 皓崖(1914−1991)
中川 一政(1893−1991)
南  不乗(1914−1991)
飯島太久磨(1933−1991)
平田 華邑(1914−1991)
伊東 参州(1910−1992)
奥野 河南(1901−1992)
高沢 南総(1911−1992)
小沢 神魚(1898−1992)
田中 真洲(1892−1992)
江川 吟舟(1911−1993)
小林 龍峰(1911−1993)
青山 杉雨(1912−1993)
石橋 犀水(1896−1993)
大友 九波(1919−1993)
池内 艸舟(1914−1993)
竹石 古谿(1927−1994)
長  揚石(1925−1994)
宇野 雪村(1912−1995)
桑原 翠邦(1906−1995)
上羅 芝山(1926−1995)
太根 啓山(1916−1995)
町  春草(1922−1995)
藤沢 和卿(1926−1995)
明石 春浦(1929−1995)
三村 秀竹(1905−1996)
山内  観(1928−1996)
小暮 青風(1911−1996)
真鍋 士鴻(1917−1996)
西村 桂洲(1905−1996)
筒井 敬玉(1913−1996)
飯島 春敬(1906−1996)
野崎 幽谷(1933−1996)
井上 桂園(1903−1997)
上條 信山(1907−1997)
石田 栖湖(1910−1997)
浅香 鉄心(1912−1997)
大久保翠洞(1896−1997)
津村 枕石(1912−1997)
林田 芳園(1926−1997)
阿部 翠竹(1902−1998)
奥田 家山(1906−1998)
加藤 翠柳(1910−1998)
古川  悟(1929−1998)
佐々木泰南(1909−1998)
森田 子龍(1912−1998)
大島 山(1925−1998)
綾村 坦園(1906−1999)
吉田 蘭処(1922−1999)
高木 東扇(1918−1999)
斎藤 丹鶴(1912−1999)
山根 渓石(1927−1999)
千代倉桜舟(1912−1999)
浅井 素堂(1915−1999)
太田 鶴堂(1909−1999)
中村 龍石(1913−1999)
比田井南谷(1912−1999)
河田 一臼(1911−2000)
小川 瓦木(1911−2000)
津田 翠岱(1911−2000)
殿村 藍田(1913−2000)
田上 帯雨(1908−2000)
田中 双鶴(1912−2000)
伊藤 鳳雲(1916−2001)
岡部 蒼風(1910−2001)
金子 鴎亭(1906−2001)
高木 桑風(1926−2001)
大石 隆子(1901−2001)
中川 雨亭(1914−2001)
中平 南谿(1903−2001)
中野 蘭疇(1908−2001)
鈴木 天城(1911−2001)
岡本 松堂(1910−2002)
萱沼 利子(1913−2002)
宮本 竹逕(1912−2002)
植村 和堂(1906−2002)
東地 滄僉複隠坑械亜檻横娃娃押
藤原 清洞(1914−2002)
堀  桂琴(1907−2002)
吉野 松石(1913−2003)
酒井 子遠(1927−2003)
仲田 光成(1899−2003)
駒井 鵞静(1922−2004)
戸田 提山(1917−2004)
種谷 扇舟(1914−2004)
水野 精一(1919−2004)
竹田 悦堂(1918−2004)
伊藤 神谷(1912−2005)
小名木東邨(1927−2005)
松原 雪邦(1922−2005)
村上 三島(1912−2005)
中村  淳(1921−2005)
田島 方外(1923−2005)
岩沢 瀑押複隠坑横供檻横娃娃供
金子 卓義(1943−2006)
浅見 筧洞(1915−2006)
続木 湖山(1911−2006)
大野 篁軒(1926−2006)
長島 南龍(1918−2006)
飯島 敬芳(1910−2006)
劉  蒼居(1941−2006)
花田 峰堂(1918−2007)
小林斗アン(1916−2007)
成瀬 映山(1920−2007)
野口 白汀(1931−2007)
大平 山涛(1916−2007)
谷口 東峰(1931−2007)
鈴木 桐華(1923−2007)
梅  舒適(1916−2008)
岡本 白濤(1914−2008)
大館 桂堂(1911−2008)
谷村 憙斎(1922−2008)
土田 帆山(1918−2008)
武士 桑風(1913−2008)
※没年順/年度内順不同



(書道美術新聞 第907号1面 2009年1月15日付)



印刷用ページ 

キーワード検索
書道段級取得−《書統》
書統'17 9月号
楽しく書道を学ぶ雑誌
21世紀の書道をリードする新構想の競書誌です。

[⇒詳しく見る]
全国有名筆墨業者一覧

◎埼玉

◎東京

◎滋賀

◎京都

◎大阪

◎奈良

◎広島

◎沖縄

▽関連するキーワードで検索する
[お問い合わせ] Tel 03-3462-5251(代表)
株式会社 萱原書房/美術新聞社  〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町29-35 ヴィラ桜ヶ丘ビル7F[アクセスを表示]
Copyright (c) 1999- KAYAHARA PUBLISHING INC.,JAPAN All right reserved.